子育て情報『これでストレス減!保育士直伝・おむつはずれがスイスイ進むコツ/1歳編【ラクに楽しく♪特集】』

2020年5月17日 21:00

これでストレス減!保育士直伝・おむつはずれがスイスイ進むコツ/1歳編【ラクに楽しく♪特集】

目次

・おむつはずれをスタートする3つの目安
・1. まずはトイレのイメージづくりから
・2. ママがトイレに行くときに誘ってみよう
・3. お昼寝のあとにおしっこが出ていなければチャンス
おむつはずれ・トイレトレーニングのイメージ


赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中!

こんにちは、保育士の中田馨です。1歳過ぎて暖かい季節が近付くと「そろそろトイレトレーニングをスタートしたほうがいいかな」と思う人もいるのではないでしょうか。よく「夏におむつをはずすとラクよ!」なんて先輩ママから言われることもありますよね。夏にトイレトレーニングをすると、冬よりも洗濯物がよく乾いてラクというメリットがあります。

さて、本題に入る前に最初にお話しておきたい大切なことがあります。それは、トイレトレーニングは「○歳になったらスタート!」というものではないということ。体の成長と共に膀胱も大きくなってきて、ある程度のおしっこをためておけるようになってからのスタートが理想です。このことを念頭に置きつつ、今回は、1歳代にできるトイレトレーニングのコツをお話します。

おむつはずれをスタートする3つの目安

これまでおむつの中におしっこやうんちをしていた子どもが、トイレに座っておしっこやうんちができるようになるための準備段階の期間をトイレトレーニングといいます。トレー二ングというと「やらなければいけない!」という思いが強くなってしまうので、ここから「おむつはずれ」と言うことにしますね。おむつがはずれる時期には、個人差があります。月齢よりもその子の成長を見てスタートしましょう。

【スタートするための3つの目安】
・一人で立って歩ける
・大人の言うことを理解している
・おしっこの間隔が2~3時間空くようになってきた

おおよそ1歳半ごろになると、膀胱におしっこがたまる感覚やおしっこが出た感覚が分かるようになってくるので、遊んでいるときにもじもじしたり、おしっこが出たときにおむつを触るしぐさをすることもあります。また、家族がトイレに行く様子に興味を持ち始めることもあります。そんな子どもの様子を見ながら「そろそろスタートさせようかな?」と思ってもいいでしょう。

次から、具体的な1歳代のおむつはずれのコツについてお話しします。 

1. まずはトイレのイメージづくりから

「よし、3つの目安もクリア! 今日からスタートするぞ!」と、突然トイレやおまるに座らせると、子どもはビックリしてしまいます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.