子育て情報『大泣きさせてしまってごめんね…眠り姫状態で母乳をうまく飲めない娘。準備不足で後悔したこと』

2021年7月28日 16:30

大泣きさせてしまってごめんね…眠り姫状態で母乳をうまく飲めない娘。準備不足で後悔したこと

目次

・眠り続けてうまく母乳を飲めないわが子
・混合育児に決まって退院!でも哺乳びんがない!
・慌てて哺乳びん購入。大泣きの娘にごめんね
・著者:佐藤りさ
大泣きさせてしまってごめんね…眠り姫状態で母乳をうまく飲めない娘。準備不足で後悔したこと


初めての出産で何を準備したらよいかまったくわからず、インターネットなどで調べると哺乳びんも準備するもののなかに入っていました。出産したら母乳が出るからいらないだろうと思って準備せずにいたら、退院直前に混合育児になってしまったのです。哺乳びんを準備せずに退院し、大失敗してしまった体験談です。

眠り続けてうまく母乳を飲めないわが子

娘は生まれてから昼夜問わず眠り続ける子でした。3時間ごとの授乳のときも眠り続け、助産師さんたちがあの手この手で起こそうとしますが、まったく起きてくれません。授乳しようとしても1回口をあけるかどうか。おっぱいをくわえても寝てしまい、なかなか吸ってくれません。

なぜか哺乳びんをくわえさせるとよく飲むので、毎回哺乳びんに搾乳し、足りない分は育児用ミルクを足すことに。搾乳する量が少しずつ増えていたのですが、おっぱいは全然吸わないのです。

混合育児に決まって退院!でも哺乳びんがない!

退院が間近になっても、娘はたまにしか起きません。3時間ごとに直接授乳、搾乳、育児用ミルクを飲ませることを繰り返し、へとへとに。退院後の生活に頭が回らず、哺乳びんを購入しなければいけないことにまったく気づきませんでした。助産師さんから「退院後も1カ月健診まで混合でいきましょう」と言われたとき、哺乳びんが必要なことにやっと気づいたのでした。

慌てて調べると、哺乳びんだけではなく育児用ミルクや消毒グッズなどたくさん準備が必要です。なにより哺乳びんの種類の多いこと! 夫にも任せられず、いつ買いに行こうか悩みました。

慌てて哺乳びん購入。大泣きの娘にごめんね

結局哺乳びんは退院日にしか買いに行けず、家に着いてすぐ娘を私の両親に預けて買いに行きました。あらかじめ決めておいた哺乳びんや必要なものを猛ダッシュで購入。家に帰ると、部屋の中から聞いたことのないほど泣きわめく娘の声が。おなかをすかせて泣いていたようです。

すぐに授乳してもうまく飲めず、大急ぎで慣れない物品でミルクを作ってあげると、ようやく泣き止んで眠りにつきました。そのときは本当に申し訳ない気持ちになりました。

出産したら自然と母乳が出て、哺乳びんはいらないものだと思い込んでいました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.