子育て情報『おむつはずれがスイスイ進むコツを保育士が教えます!ステップアップ編【ラクに楽しく♪特集】』

2020年5月26日 21:00

おむつはずれがスイスイ進むコツを保育士が教えます!ステップアップ編【ラクに楽しく♪特集】

目次

・子どものパンツデビューの目安
・50%成功すればOK!失敗しても絶対叱らない
・外出先ではどうすればいい?
・パンツをはきたがらなくなったら?
おむつはずれ・トイレトレーニングのイメージ


赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中!

こんにちは、保育士の中田馨です。子どもがトイレに座ることができたら「そろそろパンツをはいてもいいのかな?」と考え始めると思います。最近では、子どものトイレトレーニング用のパンツにはいろいろな種類があるので、「どれをどの時期に履かせればいいのかしら」と思う方もいるでしょう。

今日は、子どものパンツデビューについて話します。

子どものパンツデビューの目安

おむつからパンツになると、おむつ代もグンと減りますし、ママにとってはありがたいことがいっぱいです。

【子どものパンツデビューの目安】
・トイレでおしっこを成功することが多くなった
・トイレに行く時間帯が大まかに決まってきた

こんな姿が見られてきたらはじめどきです。

練習用のパンツはおしっこをしても漏れないように、防水性のある素材が3~6層になっているものもあります。心配な場合は練習用のパンツから初めてもOK。ですが、練習用パンツは、価格が高く乾きにくいため何枚も必要になってしまいます。また、ずっと使っていると防水をあまりしてくれなくなり、洋服を汚してしまうことも……。

私の経験から言うと、子どものパンツデビューは焦らないで、しっかり目安が見えてきてからでも遅くありません。練習用パンツは抜かして、普通のパンツからスタートする子もいます。

50%成功すればOK!失敗しても絶対叱らない

いざ、パンツデビューしたものの、やはりパンツの中でおしっこをしてしまうことがあります。おしっこの量とパンツの種類によっては、床までおしっこが垂れ流しになることもあります。「どうしてパンツでするの!」とつい叱ってしまいそうなところですが、「おしっこが出てスッキリしたね。お風呂で洗おうね」と、お風呂場に連れて行ってあげましょう。

このときに「おしっこはトイレでしないとダメよ!」なんて声かけはしないでください。子どもなりに「あ、しちゃった」と不快感を感じていますので、できるだけプレッシャーにならないような言葉を選ぶことが大切です。

おもらしが頻繁にあって、ママが「しんどいな」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.