子育て情報『「救急車呼ぶ?」就寝中も七転八倒するほどの生理痛から救ってくれたのは』

2021年3月2日 22:20

「救急車呼ぶ?」就寝中も七転八倒するほどの生理痛から救ってくれたのは

目次

・生理のために鎮痛剤を持ち歩く日々
・寝ている間に生理が始まると、悲惨な目に…
・ひどくなる痛みに不安を覚え、婦人科を受診
・著者:増田まゆ
生理痛がひどい女性


10代後半からどんどんひどくなっていった生理痛。鎮痛剤が手放せず、生理がくるタイミングによっては、あまりの痛さに「救急車を呼ぶか?」ということも頭にちらつくほどでした。そんな私がある行動を起こしたことで、劇的に生理痛から解放されることになった体験談をお話しします。

生理のために鎮痛剤を持ち歩く日々

生理痛は生理が始まった10代からありましたが、鎮痛剤を飲むほどになったのは、社会に出た10代後半からでした。私の場合、生理がきた初日が一番痛みが強く、おなかの中を雑巾絞りされているのかと思うような締め付ける痛みと、急激な下痢や冷や汗、吐き気などが出て、顔面蒼白になることもしばしば。

20代半ばには、市販の鎮痛剤だと、特定のもの以外は効果がないほど痛みが強くなっていました。そんな状態なので、生理に備えて持ち歩くのはナプキンだけでなく鎮痛剤もマストでした。

寝ている間に生理が始まると、悲惨な目に…

寝ているときに生理が始まってしまうと、すぐに強い痛みがやってきて眠っていられず、あまりの痛さに七転八倒でした。這いずりながら鎮痛剤を取りに行って飲むのですが、薬が効き始めるまでの時間が本当に痛すぎて……。

布団の中で冷や汗をかきながら唸る私を見て、当時、同棲中だった彼が「救急車、呼ぶ?」とびっくりするほどでした。結局そのうち薬が効いて落ち着くのですが、翌日はただでさえしんどい生理の日に、寝不足の状態で仕事に行っていました。

ひどくなる痛みに不安を覚え、婦人科を受診

年齢を重ねるほど生理痛の強さが増し、仕事にも支障をきたすようになってきたため、生理痛についてネットで検索してみると、生理痛にはいろいろな病気が潜んでいる恐れがあることを知りました。怖くなった私は、26歳にして初めての婦人科に行くことに。

ひと通り検査をし、軽度の子宮内膜症であることを告げられました。私は仕事を休みづらい環境であることや、就寝中の生理痛がつらすぎる話をすると、医師は低用量ピルをすすめてくれ、服用することに。すると、驚くほどに生理痛がなくなり、鎮痛剤を飲む日々から解放されました。 

私の生理痛は低用量ピルを服用することですっきり解決しました。生理前のイライラなども減り、彼との喧嘩も減りました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.