子育て情報『脅し文句に要注意!保育園で実践している、ほめ方・しかり方【トイレ編】』

2020年8月17日 21:00

脅し文句に要注意!保育園で実践している、ほめ方・しかり方【トイレ編】

目次

・良かれと思って言ってしまう言葉を言い換える
・「トイレに座りたくない」と泣くとき
・「パンツはイヤ! おむつがいい!」というとき
・遊びに夢中になっておもらしをするとき
赤ちゃんと母親のイメージ


こんにちは、保育士の中田馨です。前回から「子どもへのほめ方・しかり方」についてお伝えしています。今回は、子どものおむつはずれやトイレのときに、保育士が現場で実際にどのような声かけをしているかお話します。

良かれと思って言ってしまう言葉を言い換える

おむつはずれの時期は、ちょうどイヤイヤ期と重なるので、親の思い描くようには進まないものです。子どもを励ますためにも、ママが工夫して様々な声かけをすることが大切だと思います。

まず、良かれと思って言っている言葉を一度見直して、言い換えてみましょう。

例えば「トイレでうんちできるようにならないと、サンタさんが来ないよ」と言ったとします。ママとしては子どもに頑張ってもらおうという思いで声かけしていますが、子どもは言葉のままストレートに受け取ります。

「トイレでうんちができなかったらサンタさんが来ない」

これがプレッシャーになって、余計トイレに座れなくなるのです。もし、パンツの中にうんちをしたとしても「うんちが出てスッキリしたね」と、うんちが出た気持ちよさにフォーカスを当てるようにしましょう。

大人は当たり前にトイレに行きますが、子どもにとってはやはり難しいもの。体の発達と精神的な成長の準備が整ってようやく、トイレでおしっこやうんちができるようになるので、子どもの成長を楽しみながら進めていきましょう。

「トイレに座りたくない」と泣くとき

つい先日まで、トイレにすんなり座っていたのに、急に「トイレ、いや!」と座らなくなることがあります。順調にトイレに行けるようになっていたからこそ、ママとしては「どうして?」と不思議に思うことでしょう。抱きかかえてトイレまで連れていき「おしっこするよ!」と言って、走って逃げられた! なんて経験のある方もいるのではないでしょうか。

子どもがトイレを嫌がる原因はさまざまです。遊んでいる途中だからイヤ、何度もトイレに連れていかれるのがイヤ、トイレの空間が怖い、おもらししたときに怒られた経験からイヤになった、などなど。とにかく、今はトイレに座るのがイヤなのですから、一回休憩しても問題ありません。しばらくおむつ生活をして、生活の節目に誘うことから再チャレンジしましょう。

トイレに座れたら「やったね! トイレに座れたね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.