子育て情報『やりすぎは危険!? 赤ちゃんの爪・鼻・耳のケアの目安はどのくらい?』

やりすぎは危険!? 赤ちゃんの爪・鼻・耳のケアの目安はどのくらい?

耳垢は自然に排泄する機能(自浄作用)が備わっているため、多少の耳垢であれば家庭で無理に取る必要はありません。綿棒でなくてもガーゼで拭くぐらいで十分です。

綿棒を使う場合は、左右どちらかに顔を向けて、動かないようにこめかみあたりに手を当てて、固定しておこなうようにしましょう。どうしても耳垢が気になるときは、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

爪・鼻・耳が小さい赤ちゃんのケアは、慣れないと怖かったり難しかったりします。最初は、お手伝いの人と2人で協力しながらするといいですね。

<参考>

日本耳鼻咽喉科学会HP

監修者・著者:助産師 国際ラクテーションコンサルタント・おむつなし育児アドバイザー 榎本美紀
2001年に助産師免許取得後、杏林大学医学部付属病院・さいたま市立病院・順天堂大学練馬病院の勤務を経て、2013年に埼玉県さいたま市に訪問型の助産院「みき母乳相談室」を開業。病院勤務での経験を元に、母乳育児支援の国際ライセンスである国際ラクテーションコンサルタントとして、地域の母乳育児を支援。訪問時の相談は多岐にわたり、おむつなし育児アドバイザーとしてトイレトレーニングなどの相談も。一児の母。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.