子育て情報『突然の熱性けいれんに大パニック!息子の目は白目に、体はガクガクして…』

2021年10月20日 13:30

突然の熱性けいれんに大パニック!息子の目は白目に、体はガクガクして…

次男は1歳のとき、熱性けいれんを起こしました。風邪をひいて熱が出ただけだと思っていたのに、まさかけいれんを起こすなんて……。なんとかパニックにならず落ち着いて対処することができた経験をお話しします。

目次

・けいれんするとはまったく考えていなかった
・熱性けいれんは本当に突然に!
・けいれんしたときの対処法をおこなってみる
・落ち着いたものの疲れ果てる
・著者:中西まむ


まっふ体験談マンガ


まっふ体験談マンガ


けいれんするとはまったく考えていなかった

1歳の誕生日がくる前の休日、せっかくの休みの日に次男が朝から熱を出してしまいました。病院も休みだったので地域の休日診療に行き、風邪の薬をもらい家に帰りました。

水分やごはんも少しですがとることができ、薬を飲ませ昼寝をしだしたので、このまま熱が下がればと思っていたのです。熱は38度後半でしたが、このときはまさかけいれんを起こして救急車を呼ぶなんて考えてもいませんでした。

熱性けいれんは本当に突然に!

夕方になり、昼寝から目を覚ました次男。少しラクになったのかニコニコと笑うことができるほどになっていて、私も安心していた矢先のことでした。上の子が次男を笑わせて遊んでいると、突然様子が変わり、笑っていたはずの次男が白目になって手足がピクピクと動き、けいれんし始めたのです。

本当に突然過ぎて驚き、慌てて駆け寄り次男の名前を呼び続け、同時に私自身も焦らないように心の中で「落ち着け! 落ち着け!」と考えていました。

けいれんしたときの対処法をおこなってみる

以前けいれんについての記事を読んだことがあり、その際にあった対処法を思い出し実行しようと考えました。

とにかく大声を出したり抱きかかえたりしないようにし、すごく不安ですができるだけ静かに名前を呼びながら様子を見ていました。もし嘔吐しても危なくないように顔だけ横に向け、あとで病院で状況を説明する際に役立つと思いスマートフォンで動画を撮影することに。

同時に夫は救急車を呼んで、症状や家の場所の説明など対応してくれていました。

落ち着いたものの疲れ果てる

慌てていたのではっきりと覚えていませんが、けいれんの時間は5分以上はあったのではないかと思います。救急車がきたころにはけいれんが治まっていましたが、手足の軽い硬直や意識があるのかわからない表情でグッタリしていました。

病院に着いてからダイアップというけいれん予防の坐薬を入れてもらいました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.