子育て情報『「たかが生理痛」「不順」なんて言わせない!放っておくと危険!?意外と多い危険な兆候』

2020年12月31日 21:30

「たかが生理痛」「不順」なんて言わせない!放っておくと危険!?意外と多い危険な兆候

目次

・生理が「長い間来ない」「頻繁に来る」「バラバラ」
・生理前の「イライラ」「うつ」「倦怠感」「頭痛」「腰痛」「乳房痛」
・生理中の「腹痛」「腰痛」
意外と多い生理の悩みと放っておくと危険な兆候


女性が抱える生理の悩み。症状を人と比べられず重症度にも個人差があるので、その辛さを分かってもらえず悔しい思いをしている方も多いのではないでしょうか。この記事では産婦人科の医師に、実際に診察で相談されることが多いという生理の悩みと、危険な症状について聞きました。「たかが生理で病院?休み?」なんて、もう絶対に言わせません! 

答えてくれたのは……
よしかた産婦人科上原萌美先生
日本産婦人科学会専門医。横浜市立大学産婦人科入局後、神奈川県内の病院にて勤務し、現在、よしかた産婦人科・よしかた産婦人科分院綱島女性クリニック勤務。

生理が「長い間来ない」「頻繁に来る」「バラバラ」

「【生理不順】でお悩みの方はたくさんいらっしゃいますね。

生理不順には、生理がなかなか来ない、頻繁に来る、バラバラなどがあります。正常な生理周期は25日~38日、ずれは6日以内です。これ以外は生理不順とされ、なかには病気や妊娠が見つかる方もいらっしゃいます。

10代で生理がはじまって2~3年はホルモン分泌が未熟なので、生理不順になることはよくあります。
40代半ば〜50歳前後の方も女性ホルモンの影響で生理不順になることが多いですが、子宮がんなどが見つかることもありますので、生理中以外も出血する、出血が長く続く、生理周期が24日以内などの場合、産婦人科を受診しましょう。 

妊娠の可能性がある方は、生理が1週間遅れたら妊娠検査薬をためしてみてください」

生理前の「イライラ」「うつ」「倦怠感」「頭痛」「腰痛」「乳房痛」

「生理前3~10日前から起こる、イライラ、のぼせ、腹満感、腰痛、頭痛、乳房痛、抑う つ、倦怠感などを【PMS】といい、生理がはじまると改善します。これは生理前に起こる女性ホルモンの変化によるものです。

PMSに悩まされている人は軽い症状を含めると70〜80%もいると言われ、実際にご相談に来られる方も多いです。

PMSが重く日常生活に支障がある場合は、産婦人科を受診しましょう。PMSが軽い方は、以下のうち出来ることを試してみると改善されるかもしれません。

・症状日記をつける
生理周期のいつ頃に症状が出るか記録してみましょう。毎月のパターンが分かるだけでも気持ちが楽になることがあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.