子育て情報『もしかしてそのヒモは!?温泉でとある女性を見て、自分の考えを改めた!』

2021年1月21日 13:30

もしかしてそのヒモは!?温泉でとある女性を見て、自分の考えを改めた!

そこで思いついたのがタンポンのヒモをベージュの絆創膏で隠すという方法です。

これによって、ほとんどヒモは目立たなくなり、他の方を不快にさせることは少ないかなと思い、また温泉に入ることができるようになりました。また、生理中は体調の変化を考慮し、あまり長湯をしないように湯舟に浸かる時間に注意しながら、生理中でも温泉を楽しんでいます。

生理中の温泉やお風呂は、経血を流さないように注意することだけでなく、周りの人の目がある場合は、そこにも配慮することが大切だと感じました。また、生理中は体調の変化も起こりやすいので、そのときの体調に合わせて無理しないことも思っています。このように、ちょっとした工夫や注意することで、今は生理中でも積極的に温泉を楽しんでいます。

監修/助産師REIKO

----------

文/SAKURA

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.