子育て情報『「気持ちを考えてほしかった」保健室に呼ばれた「発育のいい女子」の衝撃』

2021年2月14日 21:30

「気持ちを考えてほしかった」保健室に呼ばれた「発育のいい女子」の衝撃

目次

・クラスの女子で呼ばれたのは…私だけ?
・生理用ショーツっておむつみたい…
・初潮を迎えたのは結局2年後
・著者/桐谷きこり
保健室に呼ばれた「発育のいい女子」の衝撃


担任の男性教師から「放課後、保健室に行くように」と言われたのは、小学4年生の冬のこと。保健室に呼ばれたのは、女子ばかり7、8人。その場で保健の先生が初潮や生理について教えてくれたのですが、予備知識がなかったこともあり、そこで見聞きしたことは当時の私にとっては衝撃的! 当分の間、「生理は恥ずかしいもの」という思いがぬぐえなくなってしまいました。

クラスの女子で呼ばれたのは…私だけ?

放課後、保健室に集合するように言われたは各クラスから数人ずつの女子。私のクラスからは私ひとりでした。畳敷きのコーナーに輪になって座った私たちに、保健の先生が生理について、ひととおり説明しました。そして、「学年全体の授業は5年生になってからおこないます。ただ、あなたたちは生理が早く始まるかもしれないから、先に呼びました」と言ったのです。

改めてその場にいる子たちを見ると、背が高かったり、ぽっちゃりしていたり、発育のいい子ばかり。胸がほかの子より早く膨らんできたことを気にしていた私は、「先生たちからもそういう目で見られていたんだ……」という恥ずかしさでいっぱいになりました。

生理用ショーツっておむつみたい…

ショッキングなことはさらに続きました。先生は、「生理になったら、経血が漏れにくいショーツに生理用ナプキンをつけます」と言って、保健室に置いてあった大型のキューピー人形を使って実演を始めたのです。

横たわったキューピー人形に生理用ショーツをはかせている姿は、赤ちゃんにおむつをはかせているようにしか見えませんでした。その後、「初潮がくるのは大人の女性の体になったしるし」などのポジティブな言葉が続いたのですが、生理用ショーツをはいたキューピー人形は、お世辞にも素敵な大人の女性を想像させるものには見えない姿……。私は「こんなのはかなきゃならないんなら、生理になりたくない」と思ってしまいました。

先生からの説明が終わったあとも、シーンと静まりかえった保健室。顔を赤らめ話を聞いていたほかの子も、私と同じような思いをしていたようです。あの「先取り授業」については、居合わせた女子全員が口をつぐみ、噂になることもありませんでした。 

初潮を迎えたのは結局2年後

突然の生理に衝撃を受けるよりは、慌てないように先に知っておいたほうが心の準備ができるだろうという、良かれと思っての指導だったのだろうとは思います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.