子育て情報『<川崎希さん独占取材#2>コロナ禍で妊娠と出産を経験!つらい日々の先には幸せが待っていた』

<川崎希さん独占取材#2>コロナ禍で妊娠と出産を経験!つらい日々の先には幸せが待っていた

目次

・コロナ禍の出産を乗り越え、昨年秋に長女が誕生!
・面会は一切禁止! 孤独な入院生活はスマホが救ってくれた
・子どもが生まれて変化した夫婦の関係性
・PROFILE:川崎希さん
川崎希さんインタビュー2


川崎希さんは元アイドルで、AKB48グループに所属していたことでも知られていますが、昨年の10月に第二子となる女の子が誕生し、現在は2児のママとしてお子さんの育児に奮闘中です。また、その一方でご自身のアパレルブランドの経営をおこなっていて、最近では子育てママさんのために考案したマザーズリュックがSNSでも「高機能!」「使える!」など話題になっています。

前回の記事では「不妊治療」がテーマでしたが、今回は「コロナ禍の妊娠・出産」を中心に取材させていただきました。ほかにも、子どもが生まれてから幸せだと感じることはどんなことなのかや、子どもが生まれてから変化した夫婦の関係性についてもお話を聞かせていただきました!

コロナ禍の出産を乗り越え、昨年秋に長女が誕生!

ー去年の10月に第二子となる娘さんをご出産されましたが、コロナ禍での妊娠・出産ということで大変だったかと思います。まずは、無事に娘さんを出産されたときのお気持ちを教えてください。

川崎さん:2人目ということで妊娠中に長男との生活もあったので、前回よりバタバタな妊娠期間でしたが、無事に出産できて安心しました。

ー娘さんが生まれたときのパパの反応はいかがでしたか?

川崎さん:長男のときもなのですが、とても感動していました。女の子ということでアレクは緊張しているというか、どう接したらいいか妊娠中からよく考えてたみたいで、長男のときとはまた違う気持ちなのかな? と思いました。また、妊娠中から女の子のお洋服をアレクが自ら選んだりするなど、ワクワクしている様子でしたね。

ーコロナ禍で妊活を躊躇している人もいますが、川崎さまはコロナ禍での妊娠・出産に対してどのように思っていましたか?

川崎さん:私が妊娠したのはコロナ禍になる直前で、まだ中国で新しい肺炎が確認されたみたいなニュースが出たくらいの時期だったので、まさか世界的に広まってしまう感染症になるとは思ってもいませんでした。なので、徐々に広がっていく様子がとても怖かったです。妊娠初期の診察で週数が増えるごとに病院の規制も厳しくなり、途中で妊活の病院から今の時期の妊活はおすすめできないというような通知もあったので、これから妊活を考えている方は、一旦治療を控えてしまった方も多かったのではないかなと思いました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.