子育て情報『コロナ禍の妊娠・出産!浜田ブリトニーさんインタビュー#1「どの時代も母は強い!」』

コロナ禍の妊娠・出産!浜田ブリトニーさんインタビュー#1「どの時代も母は強い!」

目次

・コロナ禍でも「立ち会い出産」で産みたかった
・手の消毒やマスクは必須! 帰宅後はお風呂へ直行!
・自分が「産みたい」と思ったら、それが産むタイミング!
・PROFILE:浜田ブリトニーさん
浜田ブリトニーさんインタビュー

画像出典:浜田ブリトニーさんのオフィシャルブログより

浜田ブリトニーさんは漫画家として活動する一方で、タレント活動をおこなったり、最近ではYouTube動画を配信するなど、幅広い分野で活躍中しています。そして、今年の1月には待望の男の子を無事出産。2歳の雫ちゃんと0歳の茶蔵(ちゃくら)くんのママになりました!

第二子となる息子、茶蔵くんの出産は、まさにコロナ禍での出来事だったとのことで、今回はコロナ禍の妊娠・出産についての浜田ブリトニーさんにいろいろとお話を聞かせていただきました!

コロナ禍でも「立ち会い出産」で産みたかった

ブリトニーさんと茶蔵くん2

画像出典:浜田ブリトニーさんのオフィシャルブログより

ー今年の1月21日に男の子を出産されましたが、その後、体調のほうはいかがですか?

浜田さん:実は、ものすごくいいんです! 退院してからすぐに働いてしまうくらい快調でした(笑)。第一子の雫は自然分娩だったんですが、今回は破水から始まってしまったので、急遽帝王切開になったんです。帝王切開については、詳しく勉強をしていなかったので、心の準備がうまくできず、少し慌ててしまいました。

ー帝王切開はどうでしたか?

浜田さん:意識がしっかりとあるなかで、おなかを切っている感覚もわかるので、少し気分が悪くなってしまって……。でも、いざ赤ちゃんを見たらその気持ち悪さも吹っ飛びました!

ーコロナ禍でほとんどの病院が立ち会い出産ができないなか、立ち会い出産ができる病院を選んだとお聞きしました。

浜田さん:最初は雫を出産した病院にしようと思っていたんですが、「立ち会いは諦めてください」と言われてしまったんです。少し悩みましたが、後悔のないように立ち会い出産ができる病院を探したところ、残念ながら近所にはなく……。でも、少し遠い場所に見つかり、そこで出産することに決めました。

ーそこまで立ち会い出産にこだわったのはどうしてでしょうか?

浜田さん:雫のときは旦那さんが立ち会って、生まれる瞬間にビデオカメラを回してくれていたんです。そのVTRがあることで、子どもたちが大きくなったときに“こんな風に生まれてきたんだ”と見てもらえたらいいなぁと思って。それに、旦那さんも立ち会いたいと言っていたので、できるなら立ち会い出産を選びたいと思っていたんです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.