子育て情報『【母乳のトラブルSOS】切れた!血が出た!対処法とその後のケアを教えます』

2021年3月28日 19:00

【母乳のトラブルSOS】切れた!血が出た!対処法とその後のケアを教えます

目次

・おっぱいが切れる原因
・おっぱいの吸い方が浅い
・乳頭が硬く、伸展が悪い
・赤ちゃんが乳首を噛んでしまう
・おっぱいが切れて出血!対処法は?
・乳頭の先が赤くなった、出血がある場合
・乳首の根本などの傷が深い場合
・おっぱいが切れないための予防法
・乳頭が硬い場合
・吸い方が浅い場合
・赤ちゃんの歯が当たる、噛んでくる場合
母乳のトラブルに悩むママのイメージ


授乳の時の悩みの1つに、乳首が切れることによって授乳がつらくなってしまうことがあります。痛いだけでなく、授乳が嫌になってしまったりストレスに感じることもあります。今回は、おっぱいに傷ができないようにする方法や、傷ができてしまったあとのケアについてお話ししていきます。

おっぱいが切れる原因

おっぱいの吸い方が浅い

乳頭の先が切れる原因は、飲み方が浅いことによって乳頭の先に負担が集中して水泡ができたり傷ができることがあります。乳頭を乳輪の部分まで深く加えることで乳頭の先への負担が軽減されます。赤ちゃんの開口が小さいこと授乳姿勢でママと赤ちゃんが少し離れていることなどで起こることがあります。

乳頭が硬く、伸展が悪い

乳頭の根元が切れる場合は、おっぱいの乳頭が硬く、伸展が悪いことが原因になります。乳頭の根元に負担がかかり皮膚が薄くなったり、切れて出血してしまうことがあります。初産婦さんに多く見られます。
乳頭・乳輪の皮膚の乾燥が強い時も皮膚の伸びが悪くなり傷がつきやすくなります。

赤ちゃんが乳首を噛んでしまう

歯が生え始めに多く、歯茎からちょこっと歯が萌出してきたころに乳輪部や乳頭の根本にあたってしまうことがあります。また、歯が生えだした頃は、歯がむず痒かったりすることでで噛んでしまうこともあるようです。
また、授乳途中で分泌が一度落ち着いて再度湧いてくるまでの間に噛んでしまうこともあります。

おっぱいが切れて出血!対処法は?

乳頭の先が赤くなった、出血がある場合

乳頭を保護するラノリンや馬油などのクリームで保護します。痛くて直接授乳できない場合には、一時的に搾乳して乳頭の傷の部分を休める方法もあります。
昔は、クリームの塗布後にラップを貼っておく方法を指導していたことがありますが、ラップは空気を通さないので治癒に時間がかかるので避けたほうがいいでしょう。
クリームを塗ったあとはそのままでも大丈夫ですが、母乳パットを当てる場合は、繊維が傷にくっついてしまうことがあるので、清潔なガーゼなどを当てておくなどしてみましょう。 

乳首の根本などの傷が深い場合

傷は乾燥させないように治す湿潤療法が基本です。
キズパワーパッドなどの湿潤治療被覆材を授乳の合間に貼って対応しましょう。痛みが強い、膿が出ている、傷が深いなどあれば産婦人科や皮膚科を受診しましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.