子育て情報『1歳の息子が卵を食べたあと、じんましんと発熱…!お盆の帰省中に起きたトラブル【体験談】』

2021年8月11日 16:30

1歳の息子が卵を食べたあと、じんましんと発熱…!お盆の帰省中に起きたトラブル【体験談】

息子が1歳になったばかりのある日、卵を食べたあとにじんましんが出てしまったことがあります。しかもその日はお盆で帰省中。かかりつけの小児科は遠すぎるし、近所の小児科もお盆休み。そこでどのようにピンチを乗り越えたのか、またその後息子はどうなったのか、わが家の体験談を紹介します。

目次

・帰省先でまさかのじんましん
・慌てて救急病院へ
・その後、息子は…
・著者:斉藤 ひかり


1歳の息子が卵を食べ過ぎてじんましん!お盆の帰省中に起きたトラブル【体験談】


※コロナ禍前の体験談です

帰省先でまさかのじんましん

その日はお盆の時期で、私は子どもたちを連れて実家に帰省していました。朝食を終え遊んでいるときに、1歳の息子の首が赤くなっていることに気が付きました。暑いからかな? 汗でかゆいのかな?とはじめは気にしませんでしたが、赤い部分がどんどん広がり、腫れてきたのです。

これはじんましん? アレルギーかもしれない! 原因を考えたところ、朝食に卵を食べたからではないかということに。卵は何度か食べたことがあったのですが、もしかしたら量が多かったのかも、と心配になりました。

慌てて救急病院へ

かかりつけの小児科は遠すぎるし、近所の小児科もお盆休み。一番近い救急病院を調べて電話をかけると、すぐに連れてくるように言われました。診察の順番を待っている間、熱を測ると38度を越えていて、息子はずっと泣き続け、私はこれ以上ひどくならないよう祈るばかりでした。

診断の結果、アレルギーではありませんでしたが、先生に聞いてみると「卵にしっかり火が通っていなかったか、量が多かったのかもね」 とのこと。たしかに、今まで卵を食べてはいたものの一口か二口程度。それでもう大丈夫だと思ってしまった私は、ゆで卵1個のうち半分を与えてしまったのです。

その後、息子は…

病院で塗り薬と解熱剤をもらい、帰宅して数時間後、息子の症状は良くなっていきました。実家から自宅に戻り、かかりつけの小児科で相談したところ、また少しずつから食べ始めて、何か症状が出たらすぐに来てくださいと言われました。

そして、じんましんが出た日から2カ月後。小児科が開いている時間に、すぐに行けるよう万全に準備をしてから、おそるおそる卵を一口食べさせると、今度は問題なし。2回目もその後も、症状が出ることはありませんでした。

息子にじんましんが出たのは1回きりで、3歳になった今も問題なく卵を食べることができています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.