子育て情報『わが家の抱っこちゃんをセルフねんねに導いてくれた!お守り的な存在とは…【体験談】』

2021年9月25日 17:30

わが家の抱っこちゃんをセルフねんねに導いてくれた!お守り的な存在とは…【体験談】

娘は初孫ベビーだったこともあり、生まれたときからいろいろな人に抱っこされていました。もちろん寝かしつけも抱っこゆらゆらが定番だった娘でしたが、なんと待望のセルフねんねに成功! 娘のセルフねんねに欠かせないアイテムと条件をご紹介します。

目次

・待望の娘は立派な抱っこちゃんに成長
・里帰りを終えたら、抱っこ要員が減る
・抱っこしないと寝ないと思い込んでいた
・セルフねんねでハッピー
・著者:コイデ フサコ


ガーゼケットと赤ちゃん


待望の娘は立派な抱っこちゃんに成長

ガーゼケットと赤ちゃん2


両家の初孫にあたるベビーだったため、抱っこしたい人(じじばば・パパママ)に恵まれていました。私自身も赤ちゃんを泣かしてはいけないと思っていたので、半ば必死に抱っこしていたことを覚えています。

いつも誰かに抱っこしてもらっていたからなのか、ベッドに横たえると大きな声でアピールする見事な抱っこちゃんに成長しました。今思えば、このころから後述するガーゼケットで安心させてあげることができた気がします。

里帰りを終えたら、抱っこ要員が減る

エイデンアンドアネイのガーゼケット


両親のすすめで、当初1カ月を予定していた里帰りをトータル2カ月に延長しました。娘は生まれてすぐに黄疸で入院することになったり、体重の増減によって助産師さんから注意を受けたりと心配なことがありました。また、母乳中心で授乳していたこともあり、夜間は両親に頼ることができず、私の疲労も溜まっていたためです。

そして、里帰りを終えることになり、こんな状態で両親のサポートがなくなるのは不安でしたが、夫との生活を再開したい思いから自宅に戻ることに。

抱っこしないと寝ないと思い込んでいた

ガーゼケットと寝る赤ちゃん


※赤ちゃんが眠ったら、顔からガーゼケットを外しましょう

里帰りを終えると、日中のワンオペ育児によって心身ともにギリギリの状態になりました。正直、自宅に戻ってからの1カ月はすっぽりと記憶がありません。産後3カ月で乳腺炎になり、産後ハイが終わってネガティブな精神状況に……。育児はつらくて、孤独で、命を守るプレッシャーにおしつぶされそうな日々。 

そんななか、生後4カ月の娘が初めてガーゼケットをちゅぱちゅぱしながら寝てくれました。以来、産前にネットで購入していたエイデンアンドアネイの「モスリンコットンスワドル」(2枚組4,180円)がわが子のセルフねんねアイテムになりました。

セルフねんねでハッピー

ガーゼケットと赤ちゃんとベビーカー


肌寒いと思ってかけてあげたガーゼケットを握って眠る様子を見たとき、肩の力がふっと抜けるのを感じました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.