子育て情報『「え、チャイルドシートは…!?」義父母の安全意識の低さに本気で怒った話』

2021年10月13日 17:30

「え、チャイルドシートは…!?」義父母の安全意識の低さに本気で怒った話

当時私たち家族は双方の実家から遠く離れた県外に住んでいました。久しぶりに帰省した際、義父母の計らいで夫婦2人で外食に行くことになったのですが、帰宅するとチャイルドシートを積んでいないはずの義父の車で出かけた様子が見られて……。

目次

・息子を義父母に預けて夫婦で外食へ
・チャイルドシートに乗せずにドライブ!?
・チャイルドシートの重要性
・著者:今岡めい


「え、チャイルドシートは…!?」義父母の安全意識の低さに本気で怒った話


「え、チャイルドシートは…!?」義父母の安全意識の低さに本気で怒った話


※コロナ禍前の体験談です

※登場人物の名前は仮名です

息子を義父母に預けて夫婦で外食へ

長男が1歳2カ月のときの出来事です。当時私たち家族は転勤のため、双方の実家から遠く離れた県に住んでおり、お盆休みを利用して久しぶりに帰省していました。その日は義父母が「〇〇ちゃん(長男)に晩ごはんを食べさせておくから、久しぶりに2人でゆっくり外食でもしておいで」と言ってくれたのです。

久しぶりの夫婦2人での外食、義父母の言葉に甘えさせてもらい、小さい子どもを連れては行きにくい焼肉でも食べに行こうと、私も夫も意気揚々と出かけていきました。

チャイルドシートに乗せずにドライブ!?

おなかいっぱいになり満足して帰ると、ちょうど家の駐車場で息子と義父母の姿を見つけました。夕食は家で食べると言っていたのでどこに行っていたのかと聞くと、夕食後に義父の車で夜のドライブに行っていたと言うのです。

しかしその日は義父の車にチャイルドシートを付け替えておらず、まさかと思い聞いてみると、なんと後部座席に義母が座り、その膝の上に息子をのせてドライブしたというではありませんか!

私はびっくりして「それは危ないのでやめてください!」と少し強めに言いました。すると義母は「ごめんなさい」と謝ってくれたのですが、義父は悪びれる様子もなく家に入って行ってしまいました。

チャイルドシートの重要性

私は家に入ってから義父母に、自分たちがどれだけ気をつけて運転していても後ろから衝突されたり、事故に巻き込まれたりする可能性があるということ、そうなった際にシートベルトを締めている自分たちだけ助かり、チャイルドシートを着用していない息子だけが亡くなってしまう可能性もあるということを伝えました。 

重ねて、チャイルドシートの着用によって助かる命がたくさんあるということも。義父母もわかってくれたようで、それからは必ずチャイルドシートを着用させてくれるようになりました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.