子育て情報『「したい」思いがすれ違ってギクシャク…。気持ちよく「する」ために決めたのは』

「したい」思いがすれ違ってギクシャク…。気持ちよく「する」ために決めたのは

結婚し夫と一緒に暮らすなかで、共に「したい」と思う頻度にズレがあることに気づきました。わが家で起こった夫婦生活のトラブルと、それを解決するために、夫婦であるルールを決めたことをお話しします。

目次

・「したい」気持ちに差があった
・予定が崩れることにストレスを感じる私
・予定が決まっている安心感を重視


「本当に年下なの!?」アラサー女に紹介された21歳の彼。その素顔に…


「本当に年下なの!?」アラサー女に紹介された21歳の彼。その素顔に…


「したい」気持ちに差があった

夫と交際していたときは、仕事のスケジュールや住んでいる場所との距離の都合で、会えるのは2週間に1度くらい。セックスをするのもそのタイミングだけなので、トラブルなく過ごせていました。

しかし、結婚して毎日一緒にいるなかで、私は夫に対して「昨日したのに何で今日も誘ってくるんだろう」と疑問を抱いていました。夫も、私に対して「一緒にいるのに、何でしたくならないんだろう」と不思議に感じていたそうです。

話し合った結果、夫の理想は「3日に1度、少なくとも週に1度はしたい」とのことで、私は「月に1度くらいがよくて、何なら数カ月しなくてもいい」と思っていたことが判明しました。

結婚して初めて「セックスしたいと思う頻度がお互いに違う」ことに気が付いたのです。

予定が崩れることにストレスを感じる私

私は「今夜どう?」など急に誘われるのが苦手です。夫がセックスに誘いたそうにしているムードを察すると、気まずくて居心地の悪い思いをしていました。理由は、断るのも受け入れるのもストレスを感じてしまうからです。

断ると、「誘ってくれた夫に嫌な思いをさせてしまったなあ」とへこみました。かといって受け入れた場合も、「今日は疲れてるからさっさと寝たかった」「明日朝早くから仕事なのになぁ」「今夜は別の用事をするつもりだったのに」と予定が崩れることに不満を抱いたり、「またシャワーを浴びて着替えないと」とやることが増え、面倒だと感じたりしていました。

渋々応じている様子の私に、夫も不満気なのが見て取れました。そして、私たちのセックスは楽しいものではなくなりつつあったのです。

予定が決まっている安心感を重視

このまま気持ちのすれ違いを放っておくのは、夫婦にとってよくないと思った私は、「セックスする日を前もって決めておきたい」と提案しました。「次はいつにする?」と相談し、「次回は〇月△日」と約束するようにしたのです。

事前にお互いの仕事が忙しい時期を避けることができ、いちいち「体調どう? 疲れてない? ほかに用事ある? 今日しない?」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.