子育て情報『「まだ?早くして」夜スル気の夫から催促LINEが…大変さが伝わらずついに恐怖の時間が! #モラ夫 37』

2021年12月22日 16:30

「まだ?早くして」夜スル気の夫から催促LINEが…大変さが伝わらずついに恐怖の時間が! #モラ夫 37

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第37話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。女の子の孫を熱望する義母と、早く夜の生活を再開させたいマザコンDVモラハラ夫。

2人目は考えられないと伝えると、壁を殴って大穴をあけ、「これで言うこと聞く気になった?」と笑った夫。

その後、強制的に夫婦生活を再開させられてしまった。毎日頭の片隅に「週1」が呪いのように付きまとう。断りたいけど、断ったら何をされるかわからない……恐怖で支配されていた。

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第37話

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第37話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第37話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第37話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第37話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第37話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第37話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第37話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第37話


「タロを早く寝かせて」なんて言われても、子どもがすぐ寝るかなんて、コントロールできるわけない。

そして、もうすぐ寝そう……というタイミングで、夫からLINEが。

「まだ?」

「さすがにもう寝てるでしょ?」

その音で起きてしまって、そこから40分かけて寝かしつけ。

眠くなっても、寝てはいけない。

モグさんがどれだけ苦労していても、大変でも、その理由をつくった夫自身は自覚さえなくて、

「寝落ちして逃げようとしてたんじゃないの?」と嫌味を言ってくる。

「早くして」そう言われて……。

著者:イラストレーター モグ
2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間モラハラに気付かず結婚生活を送っていた。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

blog:顔で選んで心で泣いて

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.