子育て情報『トイレから3歳長女の泣き叫ぶ声が…!まさかの事件にママ大爆笑【衝撃体験談】』

2021年9月26日 16:30

トイレから3歳長女の泣き叫ぶ声が…!まさかの事件にママ大爆笑【衝撃体験談】

3歳を迎えてようやくトイレに行き始めた長女。あの手この手でやっと便器にご機嫌で座ってくれるようになったある日、とんでもない叫び声が……。その叫び声の原因となったのは……? 衝撃的で思わず笑ってしまった事件を紹介します。

目次

・トイレが怖かった長女
・やっと座っておしっこができた!
・急な叫び声! 何ごと!?
・温水洗浄便座事件の犯人はやっぱり…
・著者:三上美咲


トイレ


トイレが怖かった長女

長女が1歳半くらいのころからなんとなく始めたトイレトレーニング。はじめはトイレにおまるを置いて座ってみることから始めてみました。でもおしりを丸出しにして座ることが怖かったのか、一度座ってみて以来まったく座ってくれなくなりました。

長女は2歳半を過ぎるまではトイレに近づくことすらできなくなってしまい、大好きなキャラクターやトイレにまつわる絵本でなんとかトイレに誘ってトイレの室内に入ることに成功。それでもやっぱりトイレが怖い長女は、トイレに座っておしっこなんて程遠いものでした。

やっと座っておしっこができた!

3歳を過ぎてすぐに「座っておしっこしてみたい!」と言ってくれた長女は、ある日いきなりトイレでのおしっこに成功しました。補助便座を主に使っていましたが、補助便座なしでもじょうずに座っておしっこできるように。

おしっこだけでなく、うんちもトイレでできるようになり、ひとりでトイレに行って用を足せるようになりました。もっと難航するかと思ったトイトレはすんなり終わりを迎えたかのように思えましたが、ある日まさかの事件が……。

急な叫び声! 何ごと!?

すっかりトイレができるようになった長女は、いつも通り「おしっこ!」とトイレへ行きました。すると、なぜか2歳になる次女も付いていきます。「お姉ちゃん好きだからな。トイレを見てみたいのかな」なんて思っていたそのときです。急にとんでもない叫び声が。何があったのかと思い急いで行ってみると、温水洗浄便座の水が勢いよく吹き出していました。

泣きながら「次女ちゃんがー!」と叫ぶ長女。そういえば急いでトイレへ向かっているとき、何食わぬ顔で走って行った次女のことを思い出しました。ひとまず、温水洗浄便座の水を止めてトイレを掃除し、長女に事情を聞くと「次女がピッてしたの。おしりがびちゃびちゃになっちゃったの」と……。

温水洗浄便座事件の犯人はやっぱり…

いきなり温水洗浄便座攻撃を受けてしまった長女をなだめて助けたあとで逃げる次女を捕まえ、何があったのか聞くと「しーしたからピってした」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.