子育て情報『節約術をSNSに投稿する私→ママ友「貧乏人の悪あがき!」ママ友の知らない真実を告げると…』

節約術をSNSに投稿する私→ママ友「貧乏人の悪あがき!」ママ友の知らない真実を告げると…

目次

・ひどいマウント
・舞い込んだミラクル!
・真実を告白すると…
・マウントママの迎えた末路
節約術をSNSに投稿する私→ママ友「貧乏人の悪あがき!」ママ友の知らない真実を告げると…


私は4歳と6歳の幼稚園生2人のママ。育児をしながら、パートも頑張っています。日々の楽しみは、節約術をつづったSNSの投稿です。私の実家はとても貧しかったので、自然と節約が得意になりました。物価高の今日このごろ、節約術を知って楽しんでもらえたらいいなと思って書いています。

そんな私のSNSをたまたま見つけたママ友が、私の節約を「貧乏人の悪あがき」とバカにするようになりました。それに加えて金持ちマウントがスタート。

関わるのは時間の無駄と思って無視していたのですが、そのうちママ友がたくさんいる前で、わざわざ貧乏話を持ち出すようになりました。
私を見下すために違いありません。

ひどいマウント

ある日、渋滞に巻き込まれて幼稚園の保護者会に遅刻してしまいました。するとマウントママは、自分の高級車を自慢しつつ、貧乏でカーナビがついていないせいで遅れたと笑います。

そんな彼女を見ても、ほかのママ友は同調することなく、フラットに接してくれるのがせめてもの救いです。

しかしみんなが一緒になって貧乏を笑わないことに不満を抱いた彼女のマウントは、次第にエスカレート。私のSNSに対して「よく生き恥さらせるね!」と笑い、ついには貧乏な育ちでは子どももダメになると、矛先は子どもたちに向かうようになりました。

そんな言動に、他のママも明らかにひいているようです。

しかし言い返したら雰囲気が悪くなってしまいます。
内心ではひどい憤りを感じながらも、グッと堪えて帰宅しました。

舞い込んだミラクル!

彼女のマウントに悶々とする毎日を送っていると、まさかの私のSNSが大バズり! 書籍化の話まで舞い込んできてびっくりです。

経費削減がうまくいかずに困っているお店や会社からの相談が絶えず、いつの間にか節約アドバイザーのような仕事をすることになりました。

しかしマウントママは節約になど興味を示さないため、私のSNSが話題になったことなど知らず、相変わらずマウントを続けます。

「貧乏ママが着せる服は安っぽい」「幼いころからブランド物を着せて感性を磨かないと、貧相な大人になる」と言いたい放題です。私のことはいいけれど、子どものことをバカにされるのは耐えられません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.