子育て情報『娘の体重がなかなか増えない…お医者さんにすすめられたあっと驚く解決策』

2019年5月25日 06:35

娘の体重がなかなか増えない…お医者さんにすすめられたあっと驚く解決策

目次

・哺乳瓶がダメならマグやストロー
・カフェイン・糖分なしのココアで味変
・食べる量が少なくても3回食に
・著者:初山さわ子
座る女の子


娘がほとんどミルクを飲まないので、これまでずっと母乳育児でした。離乳食もたくさん食べるほうではなく、生後10カ月で6.8kgと体重が増えず悩み、健診時に先生に相談することに。そこで、ミルクを飲んでもらう工夫や離乳食について教わったのでご紹介していきます。

哺乳瓶がダメならマグやストロー

マグで飲む


生後10カ月を過ぎても娘の体重がなかなか増えないことを先生に相談すると、「哺乳瓶に慣れていないせいで拒否しているのかも。ストローやマグを使ってみては?」 とアドバイスしてくれました。

まだ娘にはストローを使わせたことがなかったので、大丈夫かな? と思いましたが、試してみるとじょうずに吸えていました! ストローで飲むのが楽しいのか、今まで飲まなかったミルクをゴクゴク飲んでくれてほっとしました。

カフェイン・糖分なしのココアで味変

マグ


カフェイン、糖分の含まれていないココアやコーヒーを赤ちゃんのミルクに少し加えて、味や色、香りを変えて飲ませてもいいと先生に教えてもらいました。なるほど、そんな工夫の仕方があるのかと思い早速試してみることに!

少し風味を変える程度にミルクに混ぜてあげたら、興味を持って飲んでくれました。普通のミルクで嫌がるときはこの方法を使いたいと思います。紅茶はカフェインレスの商品が少ないので、気を付けて購入しています。

食べる量が少なくても3回食に

離乳食を食べる


娘が離乳食をしっかり食べてくれるわけではなかったので、朝と昼にしか食べさせていませんでした。けれど「1回の量が少なくても、食のリズムを作るために3回食にしましょう」と先生に言われ、朝昼晩と離乳食を食べさせることにしました。

1回の量は少ないですし、朝は食べてくれないなんてこともざらですが、根気強く頑張る日々です。みじん切りにした野菜がそのままうんちに出てくることが多かったので、柔らかく煮るよう心がけています。

発達に問題はなかったのでそれほど不安には思っていませんでしたが、あまりにも体重が増えないのでさすがに心配になっていました。ミルクの飲み方や見た目を少し変えるという発想は思いつかなかったので、先生に相談してよかったと思っています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.