子育て情報『妊娠中は便秘になりやすい!?自分できる解消法・予防法はこの5つ!』

妊娠中は便秘になりやすい!?自分できる解消法・予防法はこの5つ!

目次

・妊娠すると便秘になりやすい?その原因とは
・妊娠中に便秘になったときの解消法・予防法
・妊娠中に便秘薬(下剤)を使用しても大丈夫?
・まとめ
妊娠中のイメージ


妊娠中は便秘になりがちです。なかなかスッキリ出ない日が続くと、おなかが痛くなったり、張りやすくなったりと、困る方も多いと思います。妊娠中に便秘になりやすい原因とはなんでしょうか?今回は、妊娠と便秘の関連性、そして自分でできる解消法、妊娠中に便秘薬(下剤)を使用について解説します。

妊娠すると便秘になりやすい?その原因とは

妊娠中に便秘になる方も少なからずいます。妊娠前は便秘になったことがないという人でも、スッキリしない日が続き、イライラしてしまうことがあるかもしれません。ここでは、まずは妊娠中に便秘になりやすい原因をご説明します。

便秘の原因1:黄体ホルモンの影響で腸の運動が鈍くなる
妊娠するとママの体内では黄体ホルモンの分泌量が増えます。黄体ホルモンには妊娠を維持する役割がある一方で、消化管の筋肉を弛緩させる作用があります。これによって消化管の運動が低下し、便が体内に長時間とどまってしまう原因になるといわれています。便が大腸内にとどまると、その間、便の水分が奪われてしまい、固い便になってしまいます。

便秘の原因2:子宮が大きくなり腸を圧迫する
妊娠中は子宮が大きくなることも便秘の原因とされています。妊娠中期以後は大きくなった子宮が周辺の消化管を圧迫し、便秘をもたらします。このため、週数が増えるにつれ、便秘が悪化する人が少なくありません。

便秘の原因3:生活習慣の変化
妊娠をきっかけに生活が変わることも便秘をもたらす要因のひとつです。つわりによって食事の栄養バランスが崩れたり水分が不足したり、運動不足になったりすることで、便秘につながると考えられています。

便秘の原因4:過度のストレス
精神的なストレスも腸管の機能低下につながり、便秘をもたらす要因といわれています。

便秘の原因5:便意を我慢する習慣
なかなかトイレに行けず、便意を我慢してしまうと、便通を悪化させる原因になります。接客業など、職業上の理由でトイレに行くのを我慢している人は、便秘になりやすいです。

妊娠中に便秘になったときの解消法・予防法

便秘の解消・予防には食事や運動不足の改善が重要です。健康的な生活を過ごし、ストレスを溜めないようにすることも大切です。ここでは、自分でできる対処法をまとめました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.