子育て情報『マタニティショーツは使うべき?メリットは?選び方はどうする?』

マタニティショーツは使うべき?メリットは?選び方はどうする?

目次

・なぜマタニティショーツが必要?
・主なマタニティショーツの種類と選び方について
・はき替えるタイミングは?
・まとめ
妊婦さんのイメージ


妊娠したら必要になるマタニティインナー。マタニティショーツは、その大きさから「ただのデカパンなのでは…?」と思う人も多いはず。「普通の下着で十分じゃない?」と思われがちなマタニティショーツですが、実は妊婦さんにとってうれしい工夫がたくさん施されている特別な下着なのです。ここでは、そんなマタニティショーツの利点や種類、はき替えのタイミングについて解説します。

なぜマタニティショーツが必要?

妊娠に伴い、おなかが大きくなるのはもちろん、ホルモンバランスの影響で、つわりや乾燥による肌トラブルも増加します。おなかが大きくなると皮膚が引き伸ばされ、かゆみの原因に。基礎体温が上がり、赤ちゃんへ栄養を送るため血液量も増えることから、妊娠前に比べて汗もかきやすくなります。

そんな妊婦さんの体を考慮し、不快感を減らすために作られたのがマタニティショーツ。通気性、吸湿性にすぐれた素材を使用し、デリケートな妊婦さんの肌でも安心して使えるように作られているのが特徴です。大きくなるおなかを圧迫せず、ヒップ部分はスッキリ見せる設計で、妊婦さんの大敵である冷えからもしっかり守ってくれます。普通の下着では解消できない、妊娠期特有の不快感を緩和してくれるのが、マタニティショーツなのです。

主なマタニティショーツの種類と選び方について

マタニティショーツには、深ばき、浅ばき、ゴムなし、大きくわけて3つの種類があります。それぞれの特徴を理解して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

●マタニティショーツの種類
・深ばきタイプ
マタニティショーツと聞いて誰もがイメージするのは、この「深ばきタイプ」でしょう。おなかとお尻をすっぽり包むデザインで、おなかを冷えから保護してくれるのが特徴です。伸縮性があるので、臨月まで安心して使えます。ゴムまわりや足の付け根にピコレースなどをあしらったものもありますが、肌が弱い人はできるだけシンプルなものを選ぶようにしましょう。

・浅ばきタイプ
おなかが小さい妊娠初期の妊婦さん、深ばきタイプに抵抗がある妊婦さんに人気の「浅ばき」タイプ。下腹部下の位置でおなかを支える仕様で、腹帯と併用して使う人も多いようです。産後も続けて使えるメリットも。

・ゴムなしタイプ
おなかにゴムを使わないタイプ。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.