子育て情報『不妊症って?不妊の原因から不妊症検査と不妊治療の方法を医師が解説』

不妊症って?不妊の原因から不妊症検査と不妊治療の方法を医師が解説

目次

・不妊症とは
・女性の不妊の原因
・男性の不妊の原因
・不妊症検査の内容と費用
・不妊治療の内容と費用
・まとめ
不妊治療のイメージ


希望しているのにもかかわらず、なかなか妊娠しない場合は、早めに対策を取ることも大切です。今回は、不妊症や男女の不妊の原因、不妊の検査や治療について解説します。

不妊症とは

不妊症とは「妊娠を望む健康な男女が避妊せずに性交しても1年以上妊娠しないこと」と定義されています。(※)

不妊症は、男性側または女性側に原因がある場合と、両方に原因がある場合、原因がわからない場合があります。これまでは一方的に女性が原因と思われることが多くありましたが、男性や女性に原因がある割合は、ほぼ半々とされています。

※参考:日本産科婦人科学会「不妊症」

女性の不妊の原因

女性にみられる不妊の原因には、次のようなものがあります。

■排卵に問題がある場合
ホルモンバランスに問題があり、卵胞が育たなかったり排卵が起こらなかったりする場合があります。特にホルモンバランスの乱れによる月経不順では、月経時に出血があっても排卵が伴わないことがあります。月経不順の方は排卵障害の可能性がありますので、なかなか妊娠できない場合は病院へ受診してみましょう。

<ホルモンバランスの乱れの原因となる疾患>
・甲状腺疾患
・高プロラクチン血症
・多嚢胞性卵巣症候群
・早発卵巣不全
・精神的ストレス
・極度の肥満、ダイエットによる月経不順

■卵管に問題がある場合
細菌感染や炎症などによって卵管がふさがったり、くっついたりすると精子が卵子に到達できなくなり、妊娠の確率は低くなります。
<原因となる疾患>
・卵管閉塞
・卵管狭窄
・性器クラミジア感染症
・子宮内膜症

■子宮に問題がある場合
子宮筋腫や子宮の形に異常がある場合、受精卵が着床できないことがあります。
<原因となる疾患>
・子宮奇形
・子宮筋腫
・子宮内膜ポリープ
・子宮粘膜化筋腫
・アッシャーマン症候群(子宮内膜の細胞の層の一部が欠けてしまい、くっついてしまう病気)

■子宮頸管に問題がある場合
子宮頸管を満たす粘液量が少なかったり、精子が侵入しにくい形をしていると、不妊症の原因になることがあります。<原因となる疾患>
・子宮の奇形や子宮頸部の手術後
・子宮頸部の炎症
・頸管粘液の異常

■免疫に問題がある場合
免疫異常で抗精子抗体(精子を障害する抗体)を持つ女性の場合、精子の動きが悪くなるため、精子が卵子に到達することができません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.