子育て情報『ズバリ聞きました! 無痛分娩の「よかったこと・よくなかったこと」』

ズバリ聞きました! 無痛分娩の「よかったこと・よくなかったこと」

目次

・出産前、無痛分娩を選んでよかったと思ったことは?
・出産前、無痛分娩を選ばなければよかったと思ったことは?
・出産のとき、無痛分娩でよかったと感じた瞬間は?
・出産のとき、無痛分娩にしなければよかったと感じた瞬間は?
・出産後、無痛分娩をやってよかったと思ったことは?
・出産後、無痛分娩をやらなければよかったと思ったことは?
・関連動画出産ドキュメンタリー(通常分娩)
出産後の新生児室のイメージ


近年、出産経験者の16%と約6人に1人が無痛(和痛)分娩をおこなっており、以前よりも一般的な分娩方法として認知度が上がってきています。ただ、事故報道の影響で悪いイメージを抱いている人も多く、なかには「無痛分娩を選んだ」と周囲に言えない人もいるようです。そのせいか、無痛分娩について詳しく知りたくても、なかなかママ視点で語られている情報が集まりません。

そこで今回は、無痛分娩の経験者の方に【無痛分娩でよかったこと・よくなかったこと】を聞いてみました!

※以下「無痛(和痛)分娩」は「無痛分娩」と表記を統一しています

出産前、無痛分娩を選んでよかったと思ったことは?

まずは、出産前(無痛分娩にすることを決めた後〜出産まで)に「選んでよかったな」と思った瞬間について聞いてみました。

「陣痛の痛みが和らいで産む直前まで穏やかに過ごすことができたこと」

「出産に対する恐怖が和らいだ」

「陣痛が楽になると聞いて、少しでも恐怖は軽減された」

「自分が落ち着いていられたので、上の子たちに安心して立ち会い出産させてあげられた。赤ちゃんが生まれる瞬間を実感できた(上の子たちのときは痛みとパニックで記憶が曖昧)」

「臨月に入っても心に余裕が持てたこと」

「計画出産だったので上の子たちの生活に合わせて出産できる」

「出産する日程が決まっていたので、家族が休みをとれた」

「どんな痛みだろうと想像したり、人から聞いたりして不安だらけになった。そこで病院を変え、自然分娩からいつでも無痛分娩・和痛分娩に変えられるスタイルをとってくださる先生のところへ転院しました。そこから出産への不安がすごーく軽減されました」

「出産に対するネガティブなモノが軽減された。初めての出産は痛みも何もかも想像つかなくて、無痛分娩決める前までは喜びはもちろんだけど恐怖もあった」

回答していただいたほとんどの人が「恐怖心が和らいだ」と言っています。心穏やかに毎日を過ごすことができるとおなかの赤ちゃんにとっても好影響ですね。また、無痛分娩を選び計画出産をする方も多く、「入院前に産後のいろいろな準備をすることができた」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.