子育て情報『#21 列車で旅する真冬のヨーロッパ』

2018年8月29日 19:00

#21 列車で旅する真冬のヨーロッパ

#21 列車で旅する真冬のヨーロッパ


今月のこありっぱー
田中英子

画像: 今月のこありっぱー 田中英子


田中英子/セレクトショップディレクター・デザイナー
大阪の人気セレクトショップ「クレオパトラ」のディレクターを務めながら、ブランド「ソロヴ」のデザインも手がける大阪一のモード番長。二男のママ。趣味はズバリ旅行で、訪れた国は約25カ国以上!
Instagram:eiko_tanaka

いざ、冬のヨーロッパへ!

#21 列車で旅する真冬のヨーロッパ


夫婦揃って旅行が趣味なので、幼い頃から色々なところに連れ回されている息子たちですが、冬のヨーロッパは初。2016年、兄が小5、弟が小2の冬休みに訪れました。最初はイタリアだけの予定だったのですが、友人から「子どもを満足させるなら、ウィーン(オーストリア)で本場のクリスマスを見せた方がいい!」と熱弁され、急遽旅程を変更。ウィーンからベネツィア、フィレンツェを列車で巡る旅に。

「夜行列車なら行きたい!」と息子たち。「アルプスを列車で越えるんだよー」なんて話すと、大盛り上がり。ウィーンはオペラも見られるし、長男の好きな美術館も多いし、「いいね、いいね」と家族の意見はまとまったわけなんです。

#21 列車で旅する真冬のヨーロッパ


写真は、ヴェネツィアからフィレンツェへ向かう寝台列車。2段ベッドの上の段でテンションMAXな2人……。列車の旅、男子の食いつきは抜群でした(笑)。

キラめくウィーンのクリスマスに感動!

#21 列車で旅する真冬のヨーロッパ


−15℃の極寒の中、クリスマスマーケットまでダッシュ!彼らはたきつけるとすぐに走り出します(笑)。

#21 列車で旅する真冬のヨーロッパ
#21 列車で旅する真冬のヨーロッパ


ウィーンではこの時期、数々の広場でクリスマスマーケットが催されています。つまり、街中がクリスマス!私たちが訪れた市庁舎前広場のクリスマスマーケットは、それはそれはファンタジックな場所。電飾がキラキラと輝き、ろうそくが揺れ、幻想的。ホットワインを飲みつつ、うろうろしているだけで楽しい。ものすごーく寒いけれど(笑)。

#21 列車で旅する真冬のヨーロッパ


一周3000mものスケートリンクも。ここでスケートをするのも、今回の旅の目的の一つ。息子たちは延々とスケートを楽しんでいました。私は……とにかく寒かった!(笑)

我が家の旅はサバイブ上等!

#21 列車で旅する真冬のヨーロッパ


我が家では、どこに行くかを最初に決めるのは主人。そこに家族のみんながアイディアを出し合い、旅程が決まっていきます。大抵はあれもこれもと詰め込みすぎて大変なことになるんですけど(笑)。

詰め込むくせに下調べが甘く、とにかく移動の多い旅になるのが我が家(笑)。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.