子育て情報『寝かしつけ中のママたちが“我ながら滑稽だ”と思うこと4つ』

2018年8月20日 02:00

寝かしつけ中のママたちが“我ながら滑稽だ”と思うこと4つ

目次

・ママたちが“我ながら滑稽”と思うこと
・まとめ
寝かしつけ中のママたちが“我ながら滑稽だ”と思うこと4つ


1日終わってやっと子どもたちの寝かしつけ、でもママだって自分でやりたいことが残っています。だから寝かしつけは早く子どもに寝て欲しい気持ちでいっぱい、でもそんな時に限って寝てくれないものです。
そんなとき世の中のママたちはどんなことを思っているのか“我ながら滑稽だと思うこと”をまとめてみました!

ママたちが“我ながら滑稽”と思うこと

1. やっと子どもが寝たら、静かに物音を立てずスパイダーマンのように部屋から去る
寝かしつけ中のママたちが“我ながら滑稽だ”と思うこと4つ


やっと寝たと思ったのにわずかな物音ですぐに目を覚ましてしまう子ども、だからしっかり寝落ちしたかよく確認してから、そーっと部屋を出ます。
少しの物音もたてないように気配を消し、忍び足で、体勢によってはスパ○ダーマンのような格好になりながら部屋を出ようとします。無事に部屋から出てもしばらく息をひそめて子どもが起きないかドキドキ。
毎晩こんなミッションを終わらせないとママの自由タイムは訪れないのです。

2. “いったいいつになったら寝るの?”先が見えない時は瞑想で“無の境地”にいつまでたっても一向に寝る気配のない子ども、でもそれにイライラしてしまうのは子どもに対して不条理でしょう。そんな時は暗闇の中でひそかに自分の呼吸に集中し、瞑想をスタート。無の境地に達してしまえば、イライラも時間がかかるのも全く気にならなくなるはずですから。
とはいえ人間がそこまで出来ていないので、とても無の境地には到達できず、頭の中にはますます雑念に支配され、悶々とした時間を過ごすばかりです。

3. 気になる連ドラやアニメの続き、寝かしつけで見れないなら妄想して楽しむ
寝かしつけ中のママたちが“我ながら滑稽だ”と思うこと4つ


ママだって娯楽タイムが欲しい、気になる連ドラやアニメを心ゆくまで楽しみたいと思うもの、でも寝かしつけに時間がかかっていてはそんなことは夢のまた夢。今日は長期戦になるなと観念したら、いっそ続きを妄想してやろうという気分になります。自分がヒロインとなって都合の良い展開をどんどん勝手に進め、そのまま良い気分で寝落ちして終了。
実際のドラマが見れないなら、妄想力でカバーしていくのです。

4. 寝かしつけ中に限って冴えわたる頭、アイデアが次々と出てくるのにメモできない仕事や日々のスケジュール、忙しいママは寝かしつけで子どもの隣に横たわっていても、頭のなかはフル回転で活動していることもよくあります。そしてそんな時に限って素晴らしいアイデアが次々と浮かんでくるのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.