子育て情報『我が子にもしてあげたい…「自分の親にされてうれしかったこと」』

2019年10月9日 11:28

我が子にもしてあげたい…「自分の親にされてうれしかったこと」

目次

・不安なときにぎゅっと抱きしめる
・だらだらしているのを許してくれる
・手作りのお菓子を一緒に作る
・夜の「いきなりドライブ」
・好きなことをさせてくれた
我が子にもしてあげたい…「自分の親にされてうれしかったこと」


子どもの頃のことは、大人になってからの出来事よりもずっと記憶に残ったり、胸に響いたりもするでしょう。幼い頃に親にしてもらってうれしかったことは、大人になってもずっと覚えているものです。
ここではそんな、我が子にもしてあげたいと思うような「自分の親にされてうれしかったこと」を聞いてみました。

不安なときにぎゅっと抱きしめる

我が子にもしてあげたい…「自分の親にされてうれしかったこと」


「ピアノの発表会当日、緊張でガタガタ震えているときに、お母さんが『大丈夫だよ』と言ってぎゅってハグしてくれたこと。
お母さんの言葉とハグで緊張がすーっと溶けていって、無事演奏を終えたときはすごく達成感に満ちあふれていたなぁ。私も子どもが不安なときに『大丈夫』って言ってぎゅってしてあげたい」(30代/金融)

▽ 緊張していたり、不安な気持ちのときの、親からの言葉や行動は絶大です。自分を安心させ、包み込んでくれた親の行動は一生心に残っていますよね。

だらだらしているのを許してくれる

「もともと怠け者の私。家でだらだらしたり、ごろごろしたりすることも多かったけど、お母さんがそれを許してくれていたのはありがたかったな。
平日は学校で気を張っていて結構大変だったから、家はくつろげる場所だった。もしあのときお母さんに『だらしない!』って怒られていたら、息抜きできなかったかも」(30代/広告代理店)

▽ 子どもであっても息抜きは大事。完璧主義だと疲れてしまいます。
だからこそ、家にいるときくらいはだらだら、ごろごろするのを許してほしいと思うものですよね。頑張って学校に通っているのだからと、家でだらしない姿でいることを許してくれた親に感謝しているそうです。

手作りのお菓子を一緒に作る

我が子にもしてあげたい…「自分の親にされてうれしかったこと」


「小学校のときにクッキーが食べたい!って言ったら、お母さんが『じゃあ一緒に作ろっか』って言ってすぐに材料を用意して一緒に作ってくれたこと。一緒に生地をこねたり、型抜きしたりして楽しかったなぁ。素朴な味のクッキーだったけど、今思い出しても食べたい」(30代/公務員)

▽ 一緒に料理やお菓子作りをしてくれたことがうれしかったという声も多かったです。お菓子を一緒に作れること、そして食べることは何よりもうれしいもの。既製品のお菓子より手間がかかっているぶん、記憶にも残りますね。

夜の「いきなりドライブ」

「お父さんが金曜日とか土曜日の夜にいきなり『ドライブしようか!』って言い出して、車に乗ってコンビニまで連れていってくれたこと。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.