子育て情報『どうして食べないの?“離乳食が進まない”の乗り越え方』

2020年2月11日 12:28

どうして食べないの?“離乳食が進まない”の乗り越え方

目次

・思い切って断乳
・おやつで食の楽しさをプラス
・食事環境を変えてみる
・空腹を待つ
・おわりに
どうして食べないの?“離乳食が進まない”の乗り越え方


いよいよ始まった離乳食。一生懸命刻んで、コトコト煮て、すりつぶして、作ったのに食べてくれない!パクパク食べる子はもはや大人顔負けなくらい食べるし、どんどん固形になっていくのに……。
そんな、頑張っても頑張ってもどうにも進まず不安になっているママさんへ。今回は「離乳食が一気に進んだ!」という体験談を集めてみました。

思い切って断乳

「10か月になっても離乳食をほとんど食べず。体重が減ってきてすごく心配して一日中授乳していた。でも、私が風邪をひいてしまって断乳せざるを得なくて止めたら、次の日から急に食べるように。それからサクサク進んで、1歳の今では私より食べるよ」(29歳/1歳児ママ)

▽ 食事が摂れないとなると唯一の栄養源のおっぱい。止めたら栄養不足になっちゃうんじゃ……と考えて、なかなか踏ん切りがつかない気持ちは分かりますが、ダラダラ飲ませているおっぱいこそが食べない原因になっていることも。
思い切ってやめてみると「おっぱいないなら食べようかな」と赤ちゃんが切り替えてくれるかもしれません。

おやつで食の楽しさをプラス

どうして食べないの?“離乳食が進まない”の乗り越え方


「1歳目前なのに10倍がゆ数口しか食べられなくて泣いてばかりだった娘。固形のものを食べる楽しさを知ってほしくて赤ちゃんお煎餅デビューしたよ。そしたら口をあけてパクパク。そこから小さいパンやおやきが食べられるようになってきたよ」(38歳/11か月児ママ)

▽ おやつは体に良くないんじゃ……。おやつの味を知っちゃうとご飯を食べなくなるんじゃ……。使い方に迷うおやつですが、食事の楽しさを教えるのに一役買ってくれる可能性大!
赤ちゃん用のおやつは口当たりがよく、くちどけもいいので、「おいしい!」と赤ちゃんは感じるはず。ごっくんや手づかみが上手になるので離乳食を軌道に乗せるのに使用するのも手です!

食事環境を変えてみる

どうして食べないの?“離乳食が進まない”の乗り越え方


「いつも食器で遊んでばかりだった息子。すぐ椅子から立つので外食は避けてたんだけど、お友達親子とランチに行ったら、お利口に座ってたくさん食べた!お友達からいい刺激を受けたんだと思う」(26歳/1歳1か月児ママ)
▽ ちょっとしたことが食の楽しさを知るきっかけになることもあるようです。お友達と食べたり、お皿を好みのキャラクターに変えてみたり、ベランダや公園などお外で食べてみるのもいいかもしれません。
マンネリで“食事=つまらない”の認識がついてしまっている赤ちゃんには効果が期待できるかもしれません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.