子育て情報『出産は悲喜こもごも! 妊婦がついやってしまったエピソード4選』

2021年7月27日 11:28

出産は悲喜こもごも! 妊婦がついやってしまったエピソード4選

目次

・力んだ瞬間に思わずモレてしまった!
・出産直後の姑の突撃訪問を断固拒否!
・BGMがあまりにもぴったり過ぎて…
・思わず夫の腕を強く握りしめ…
・まとめ
出産は悲喜こもごも! 妊婦がついやってしまったエピソード4選


出産は命をかけた大ミッション。無事に赤ちゃんを産み、母子ともに健やかに過ごせることを目指して、ママは出産に挑みます。とはいえ出産中は今まで経験したことのない痛みを経験し、頭が完全にパニックになることも珍しくありません。
今回は、そんな状態のときに妊婦さんがついやらかしてしまったエピソードをご紹介します!

力んだ瞬間に思わずモレてしまった!

「陣痛も激しくなり、早く終わってほしいというタイミングで、下腹部のあたりがもぞもぞ。いよいよ出産だと感じ力んだ瞬間に、生あたたかいものが出たような気がしました。
その場にいた夫も助産婦さんもなにも言わなかったけど、あれはたしかに大きいほうでした」(30代/フリーランス)

▽ 分娩台に上がっているとなにがなんだか分からないし気にする余裕もないですが、大きいほうがモレてしまうことは決して珍しくないようです。

出産直後の姑の突撃訪問を断固拒否!

「普段から姑とはつかず離れずな関係だったのですが、出産直後、さっそく突撃訪問してきた姑ととても顔を合わせる気分ではなく断固拒否!私の拒絶ぶりに夫も驚いて、その場になんとも冷たい空気が流れました」(30代/主婦)

▽ 日頃はうまくやり過ごせても、出産という命がけの仕事を成し遂げた直後は、とにかく普通の状態でないことだけはたしか。お姑さんもそのあたりは同性として理解してほしいところですよね。

BGMがあまりにもぴったり過ぎて…

「分娩中も好きな音楽をかけていいということだったので、C‐POPS(中華圏の音楽)をかけていました。するといよいよ出産というタイミングで『ヒーヒーハーフ』というラップ調のコーラスが流れ、あまりにも状況とシンクロしていてその場の空気が和みました」(30代/教師)

▽ いつ、どのタイミングで産まれるかは誰にも分かりません。まさにぴったりのタイミングでこのコーラスがかかるとは、赤ちゃんにもその音が届いていたのかも?

思わず夫の腕を強く握りしめ…

出産は悲喜こもごも! 妊婦がついやってしまったエピソード4選


「陣痛があまりにも激痛で、なにかに思いっきりしがみつきたくなりました。そこでとっさに夫の腕を掴んで、ぎゅーっと強く握りしめることに。そのときのことは全然覚えていないのだけど、あとで見せてもらったらくっきりあざが残っていて我ながらホラーだなと思いました」(20代/パート)

▽ まさに無我夢中で、普段からは想像もできないような力が出てしまったのでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.