子育て情報『価値観の違い? ママ友に対してちょっと腹が立ったエピソード4つ』

2021年9月8日 12:28

価値観の違い? ママ友に対してちょっと腹が立ったエピソード4つ

価値観の違い? ママ友に対してちょっと腹が立ったエピソード4つ


近いようでいて、遠い存在。いや、やっぱり遠いようでいて近い存在だったりする……それがママ友。
もしかしたら、子ども経由で知り合った関係だからこそ距離感が掴みづらいのかもしれませんが、子どものためを思うと泣き言ばかり言っているわけにもいきません。とはいえ、やっぱり馬が合わないと感じることもあって――?

ママ友に腹が立ったエピソード

(1)美人か、美人以外か?「美人ママとしか仲良くしないママさんがいる。私は相手にもされません。でも、子ども同士は仲がいいので対応に困ります」(30歳/営業/女性)

▽ 自分の好みの顔か否かでママ友になるかどうかを決めるママさんもいるようです。人を外見で判断するようなことは、本来あってはいけないことではないかと思うのですが……。子どものお手本となれるような言動を心がけたいものですね。

(2)陰口を言いふらす「仲良くしていたママ友から陰口を言われていました。しかも内容は事実無根のものばかり。うちは夫が育児にも協力的なのですが、どうやらそれがうらやましかったみたい」(34歳/編集/女性)

▽ 陰口を叩くなんて絶対にダメ!子育て中は精神的に不安定になりやすいというのもわかります。ですがそれは他人を傷つけていい理由にはなりません。

(3)人のことを都合良く使わないで!「自分が大変なときばかり連絡してきて、私が忙しいときには無視をするママ友。一方的な対応に、いいかげん腹が立ちました」(26歳/ネイリスト/女性)

▽ 仮にこれが故意ではないのだとしても、都合良く利用していると受け取られかねない態度を取るのは避けて。都合のいい駒扱いをされて、喜ぶ人なんて誰もいません。
同じ状況に置かれた戦友だと思っているから、助けてくれるのです。相手の好意を無下にするような言動は、人としてどうなのでしょうね。

(4)図々しさを隠さない
価値観の違い? ママ友に対してちょっと腹が立ったエピソード4つ


「去年と今年はコロナ禍なので控えましたが、その前までは帰省することを聞きつけて『忘れずにお土産買ってきてね』とLINEを入れてきていたママ友。それ以外ほとんど連絡なんか取り合わないのに、うちの予定を把握しているなんて地獄耳だなと思っていました」(27歳/保育士/女性)
▽ 本来お土産とは自分からねだるものではありませんよね。好意でいただくものです。もしその地方でしか買えないものなら、事情を話して前もってお金を渡しておくなどするべきです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.