子育て情報『赤ちゃんとの外出【ミルクの準備編】』

2017年5月23日 07:01

赤ちゃんとの外出【ミルクの準備編】

外出時にミルクを与える時に必要な3つのもの

赤ちゃんの1ヶ月検診が終わると外出も解禁!ということで一緒にお出掛けをする機会も増えてきます。
完全母乳の場合や数十分程度のお散歩であれば必要ありませんが、少しでも遠出をするのならミルクをどこでどうやって与えるか?という事はいつでも考えておいた方が良いでしょう。
外出先で困ることのないよう最低限必要な準備についてまとめてみました。まずは、3つをのアイテムをご紹介します。

目次

・外出時にミルクを与える時に必要な3つのもの
・外出時のミルク作りで知っておくと便利な知識
赤ちゃんとの外出【ミルクの準備編】

哺乳瓶家で使用している哺乳瓶を持って行きます。
ガラス製なので割れてしまわないか心配…という方はお出掛け用にプラスチック製のものを用意しても良いでしょう。割れない上に軽いので持ち運びには便利です。だた、赤ちゃんが慣れていない哺乳瓶だと飲んでくれない可能性もあるので事前に練習しておきましょう。
また、万が一外出が長引いた場合を考えて哺乳瓶を2本持っていくと安心です。
さらに「とにかく身軽に行動したい!」という方には、使い捨ての哺乳瓶もあります。衛生面も安心なので旅行にも適していますね。
出掛ける時間や距離・場所に応じて使い分けると良いのではないでしょうか。

ミルクミルクは缶に入ったものを小分けにして持っていくか、スティックタイプのものを利用する方法があります。他にも一回分の粉ミルクが固形になっているキューブ状のものもあります。粉が飛び散らないのが固形のメリットなので、どこでも気兼ねなく準備できて便利です。
ただ、細かい分量を計ることは出来ないので赤ちゃんの飲む量に応じて適したタイプをチョイスしましょう。
用意する量については、1回分多く持って行くなど普段飲んでいるよりも少し多めに計算し、残すことで調整できるようにしておきましょう。

お湯哺乳瓶やミルクは万が一忘れてしまってもドラッグストアなどで買うことができますが、お湯をみつけるのはなかなか難しいですよね。
外出が始まるまでに、ミルクのお湯を入れる専用水筒を用意しておきましょう。
その際、必ず保温機能付のものを選び、保温時間がどれくらいなのかもチェックする必要があります。さらにミルク何回分の量が入るのかも確認しますが、お湯は段々と冷めてしまうので、あまり大容量ではなく2回分位を目安にすると良いでしょう。

外出時のミルク作りで知っておくと便利な知識

慣れない赤ちゃんとの外出も回数を重ねるにつれてコツが掴めてくるもの。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.