子育て情報『ワーママは大人の女!スムーズな根回し術(職場編)』

ワーママは大人の女!スムーズな根回し術(職場編)

2018年2月16日 07:01
 

ワーママとして生きるためには周囲の協力は欠かせません。
どうしたら周囲が気持ちよく協力してくれるのか。
大人の女の根回し術を考えてみましょう。

関連リンク

・ママ友の車に乗せてもらったらお礼はするべき?
・子どもの骨折!大変なのはお風呂、送迎、子どものストレス対処
・「おかあさんといっしょスペシャルステージ2018」イベントをもっと楽しく!パパ・ママ体験談!- 耳より情報 Vol.5【イベント情報】
ワーママは大人の女!スムーズな根回し術(職場編)


根回しは事前調整

マイナスの意味でも使われる「根回し」という言葉。
「自分の有利になるようコソコソと人に取り入る」と思うとなんだか嫌ですが、考え方を変えてみましょう。
根回しとは「ものごとをスムーズに行うための事前調整」のこと!
ほらこう言うと「できる女っぽい感じ」が漂いますね。
そう、言い方、とらえ方ひとつで印象が変わる。
これが大人の女の根回しの基本です。
できるだけ相手がこちらに協力したくなるような切り口を考えましょう。

さて「根回しは事前調整だ」という話に戻ります。
何のために事前調整するか改めて考えてみましょう。
たぶん、ほとんどのワーママが「子育てと仕事を両立するため」と考えるのではないでしょうか。
本当はもっと両立しやすい世の中になるべきですが、世の中が変わるまで待っていられません。
ワーママの根回しは、言うなれば「子育てと仕事を両立するために、自分の言葉や見せ方を変え、周囲にやんわりと働きかける」というミッションです。
ワーママは大人の女!スムーズな根回し術(職場編)


職場での根回しのコツ

さあ、では職場でどんな風に根回しをしたらいいのか考えてみましょう。1.根回しをする、と覚悟する職場での根回しがなぜ必要か……なんて考えず、問答無用でしてください。
理由はわざわざ書かなくてもわかると思いますが、あえて言うとすると……
子どもが熱を出したとき「行っておいで」と同僚に笑顔で送り出してもらうため。
「時短勤務でラクしてる」なんて誰かに言われてしまわないため。
夜の飲み会に行けなくてもランチタイムに疎外感を感じないため。
……つまり職場で生きるために根回しが必要なんです。
じつに面倒くさいですが「子どもが小さいからしょうがない」と開き直るのは心の中だけにしておきましょう。
周囲には決して悟られないように。2.相手のメリットをつねに考える根回しをするべき相手のメリットにアンテナを張っておきましょう。
別に大きいことでなくてもいいんです。
●●さんは甘いものが好きだったなとか、△△さんは笑顔で話しかけたらうれしそうにしてくれたなとか、相手を喜ばせるにはどうしたらいいのか、観察して記憶しておきましょう。相手が困っているときにサッと助け船を出せば、あなたは「かけがえのない人材」になります。3.職場では垣根を低くする職場での人間関係は「味方をいかに増やすか」というゲームです。
話しかけやすい雰囲気で顔が広い人になりましょう。
上の人と良好な関係を築いておけば何かと便利ですし、同僚や後輩と仲よくしておけば日々助けてもらえます。
具体的には笑顔と聞く姿勢をキープすること、それだけで大丈夫です。
ワーママは大人の女!スムーズな根回し術(職場編)

4.まめに差し入れをするもので買収するのは抵抗があるかも知れませんが、差し入れをいただいて嫌な気分になる人っていませんよね。
やっぱり「つけとどけ」は効果があるんです。
相手がお返しをしなきゃと思わない程度のお菓子などをさりげなく差し入れすると、会話のきっかけにもなりますよね。5.最低限の身だしなみを整える接客業なのに化粧っ気がなくぼさぼさの髪に普段着……というのは論外ですが、子育てをしていると自分のファッションには無頓着になってしまいがちです。
どんな仕事でも自分を有利に運ぶには見た目は大事です。
かと言って飾りすぎはよくありません。
最低限レベルの清潔感のある身だしなみを目指しましょう。6.明るくフォローにまわる黙ってフォローしてはいけません。
必ずフォローしていることをアピールすること。
しかも明るく、当然やりますよという雰囲気で。
フォローされた当人はもちろん、上司や同僚も「あの人は人のフォローを嫌がらずにしてくれる」と認識してくれたら、こちらが困ったときにフォローしてくれますよね。

職場での根回し術を中心にお伝えしました。
根回しがガッツリ成功すると「あの人根回ししている」なんて悪口はゼロ。
「気配りがある素敵な大人の女性」と憧れられる対象になれますよ(たぶん)。

(文・曽田照子

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.