子育て情報『厚生労働省資料を読み解く(その2)〜保育園に入りやすい地域を見つける〜』

厚生労働省資料を読み解く(その2)〜保育園に入りやすい地域を見つける〜

2018年3月7日 07:01
 

保育園に入りやすい市区町村

「保育園に入りやすい地域=待機児童のいない地域」と単純に考えた場合、どんな地域が上位にくるのでしょうか。
まず、都道府県別に見てみましょう。
平成29年度4月の時点で待機児童ゼロの都道府県は、青森県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・鳥取県の7県でした。

目次

・保育園に入りやすい市区町村
・保育園に入りにくい市区町村
・保育園に入るために住みますか?住みたい街で保育園に入れますか?
・「駅別」ランキングも参考に
厚生労働省資料を読み解く(その2)〜保育園に入りやすい地域を見つける〜

待機児童の減少率=入りやすさ?続いて、平成28年度から29年度の1年間で待機児童数が大きく減少した市区町村に注目してみると、
1位:沖縄県 那覇市
2位:東京都 世田谷区
3位:東京都 北区
4位:東京都 板橋区
5位:千葉県 船橋市
でした。
施策の効果ではありますが、29年度4月時点の待機児童数自体は今挙げた1〜5位の市区町村すべて100人以上。
2位の世田谷区においては減少してもなお800人以上です。

「減少率=入りやすさ」とは言えなそうに見えますが、よくよくデータを見てみると、28年度から29年度の1年間で、都市部でも待機児童数ゼロに成功している市区町村がありました。
・東京都 豊島区105人→0人
・大阪府 池田市71人→0人
・千葉県 佐倉市41人→0人
・兵庫県 伊丹市33人→0人
・埼玉県 さいたま市24人→0人
です。新定義による待機児童数増加しかし、これらの算出は改定前の「待機児童の定義」に基づいてのものであり、新定義では大きく増える可能性があります。
また、今後も保育園入所の申し込みは増加していく見込みがあるため、引き続き施策を続ける必要があることは間違いありません。

保育園に入りにくい市区町村

次に、保育園に入りにくい地域に目を向けてみましょう。
同じく、平成29年度4月時点の待機児童の数(多さ)から判断します。
厚生労働省資料を読み解く(その2)〜保育園に入りやすい地域を見つける〜

沖縄県の待機児童待機児童の多さを都道府県別に見てみると、
1位:東京都
2位:沖縄県
3位:千葉県
4位:兵庫県
5位:福岡県
という結果。
そして首都圏の埼玉県が6位と続きます。

2位の沖縄県の待機児童の多さは度々話題になりますね。
その背景には、共働き世帯が多いことや、米軍占領時代があったため保育園の整備が遅れたこと、さらには出生率が高いことも挙げられます。増え続ける申し込み数続いて、1年間で待機児童数が大きく増加した市区町村を見てみると、
1位:東京都 大田区
2位:東京都 目黒区
3位:千葉県 習志野市
4位:兵庫県 明石市
5位:沖縄県 うるま市
となっています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.