子育て情報『先読み!2019年のランドセル商戦に勝つ』

先読み!2019年のランドセル商戦に勝つ

2018年4月13日 01:01
 

新年度を迎え、進級した子供たち。新しい担任の先生に慣れ、1つお兄さん、お姉さんになった自覚が芽生える時期でもありますね。ママは1つ学年が上がり、ホッと胸をなでおろすのも束の間、年長さんには来年の新一年生の準備が待っています。とくに早くリサーチして準備をしたいのが「ランドセル」。近年では「ラン活」と言われるほど、注文が殺到したり、欲しいモデルが買えないこともあってか、ランドセルを買うにも必勝法が必要です。気が早いようですが、実はすでに始まっているラン活。ランドセル購入の準備から選び方までしっかりリサーチしておきましょう。

まずはカタログ請求から

関連リンク

・《元ショップスタッフが語る》成長してから改めて感じるトリップトラップの魅力&素朴なギモンって?
・【育児便利グッズ #17】手をかざすだけ!便利なハンドソープディスペンサー
・年上のママ友には気をつかうママが●% 気をつかうポイント1位は

ひとくちにランドセルといっても、工房系から大手デパートまで購入できる場所も様々です。特に人気の工房系は、1つ1つ手作業のためモデルによっては「完売」になることも。
ブランド、デザインによって値段もピンキリなので、何社か気になるところを取り寄せて比較してみるのも良いでしょう。早いブランドは、1月からカタログ請求がスタートとし、4月には展示、注文受付を開始するところがあります。また、店頭展示が2月と先でカタログ発送が4月というところもあります。それぞれ戦略が異なるため、ひとまず気になるところはすべてカタログ請求をしておきましょう。カタログには、ブランドの背景や想いが綴られていて、商品を選ぶだけでなくどのブランドが良いかなども同時に参考になります。

販売開始日はスケジュール帳へ


ランドセルは年々販売日が早まっています。ランドセルの注文が殺到し、炎上したり、店頭が人で溢れるなど、過去の対応から余裕をもったスケジュールになったと考えられます。
また、工房系は1つ1つ手作りなので、早めの販売にすることで人気モデルを切らすことなく作ることができるからです。それもあって、「完売」となることが少なくなり、購入側としては焦らずに希望のランドセルを買えることにも繋がっています。カタログ請求でもわかるように、ブランドによって販売開始日も異なります。早いところは4月中旬から注文がスタートしていきますので、気づいた時には「開始していた!」とならないためにも、各ブランドの販売日をスケジュール帳につけておきましょう。販売開始日などの情報は各ブランドのホームページにスケジュールが出ています。

欲しいランドセルを買うポイント

ランドセルの購入ブランド、モデルが決まったらあとはそれを手に入れることです。そんな当たり前のこと、と思うかもしれませんが近年ランドセルを購入するために、販売開始日から店頭に並んだり、販売開始と同時にオンラインにアクセスする親御さんは増えています。
特に、販売開始時に子供を連れてすし詰め状態の中子供に試着をさせるのは、なんとも辛い状況です。そこで、実際の背負った感じを見て購入する場合おススメしたいのが「殺到時にはあえて買わない」という方法です。
自分が欲しいモデルが売り切れてしまわないか、と心配になりますが、今はできるだけ「完売」にならずに買えるようにブランド側も努力しています。特に人気の工房系へインタビューをした際「販売開始時は混雑しますが、2週間も経つとゆったりみることができます(※土屋鞄、2017年camily取材記事より)とコメントしています。6年間の成長と思い出が詰まったランドセルになるのですから、買う時も良き思い出としたいものですよね。また、子供が主役の買い物なので子供にランドセルの印象が悪くなるのは避けたいものです。

(文・森初世

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.