子育て情報『怖~い!我が子の保育園「ぶっ飛び話し」』

怖~い!我が子の保育園「ぶっ飛び話し」

2018年5月25日 10:01
 

一日の大半、大切な我が子を預ける保育園。家の近所、認可、無認可など、いずれもご縁あって通うことになる保育園ですが、園長先生の方針や先生の対応によって保育園のカラーは様々です。
衛生的な面ではもちろんのこと、子供や親に対する先生の対応は預ける側にとってとても重要なポイントですよね。ところが、園の様子を知っていたつもりでも、入園後に気づく驚くようなこともあります。今回はその中でも「これって普通?」と誰かに聞きたくなるようなゾッとするぶっ飛び話しから、度を超えた神対応まで、実際に起きている保育園事情を一挙公開します。もしかして?と不安に思っていた人もぜひこの記事を参考に一人で悩まず「こんなこともあるんだ」と参考にしてみてください。

強きな保育園の怖~い話し

目次

・強きな保育園の怖~い話し
・驚きを隠せない「最悪」な対応
・ぶっ飛ぶほどの「神対応」
怖~い!我が子の保育園「ぶっ飛び話し」

年数の経つ保育園よりも、新設園の方がトラブルはつきもののよう。園長先生や保育士は、コミュニケーションが浅い中最善を尽くし、結束力が至らないまま規則だけが先走り、結果手薄となる部分やガサツな行動が目に付くようです。案内には「冷凍母乳持込OK!」って書いてあったのに、持って言ったらすごい渋い顔をされて。「解凍に時間がかかるから、欲しがるときにすぐにあげられない。かわいそうなのは子供ですよ」と言われて、悲しい気持ちで昼休憩での搾乳を捨てていました。哺乳瓶の乳首も何かで切り裂いてあって、ゴクゴク飲ませるようになってたんですよ。さすがにそれを指摘したら、「ブラシで洗っている間に切れたんですかね」って。(Yさん)散歩や園庭遊びのとき靴下を履かせてくれない!恐らく一人ひとりはかせる手間を省いているっぽいのですが・・はだしで遊ぶのはぜんぜんいいけど、子供は汗かきやすいし、靴+裸足は衛生的に無しな気がして・・・うちの子供は汗で足がかぶれてるので、先生に頼んでひとりだけ靴下はかせてます。(Kさん)冷凍母乳は解凍に時間がかかりすぐにあげれないからと煙たがられたり、返却された帆乳瓶の乳首が切り裂かれていたり。保育園のやり方に沿うことは必要ですが、これではママの気持ちがズタズタです。また、外遊びの時に靴下を履かせてくれず、夏でも素足に靴で遊ばせるところも。先生の手間を省くことが優先されていますが、子供は足が蒸れて痒くなるなど衛生面が心配ですね。簡単に転園できない時代だからこそ、ママは不安を抱いても保育園を辞めることはできません。園の方針があるように見えて、実は「園が上司」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.