子育て情報『登下校中の事件・事故から子どもを守るためにママ・パパができること』

2018年7月12日 00:01

登下校中の事件・事故から子どもを守るためにママ・パパができること

小学生が被害者になる事件、登下校時に狙われることが多いそうです。通学時間帯に子どもを物色する不審者もいるのだとか。共働きで小学校の送り迎えができないママ・パパが子どもを守るために、どんなことができるのでしょうか。

見逃してませんか?こんな危険

目次

・見逃してませんか?こんな危険
・登下校の安全を守るためにしておきたいこと
・お子さんに「あなたを大切に思っている」と伝えるチャンス
登下校中の事件・事故から子どもを守るためにママ・パパができること

通学路で「まちぶせ」の恐怖子どもが被害者になる犯罪で多いのが登下校の際に巻き込まれるというケース。私たちが歩き慣れた安全な道と思い込んでいても、犯罪者にしてみれば「ここで待っていれば、いつもの時間に子どもが必ず通る」という場所でもあるんですね。
樹木の茂った公園や駐車場、空き家がある共同住宅など、人の目が届きにくい場所は結構たくさんあります。通学路の安全、交通安全はもちろん大事ですがそれ以外の目線でも考えてみましょう。本当の不審者は怪しくないこともある「ちかんにちゅうい」の看板に描かれたオオカミ、見るからに怪しいおじさんの絵。効果があるかどうかわかりませんがあの手の看板で「怪しく見えない人は怪しくない」とすり込まれてしまっていませんか。
住宅街に忍び込む空き巣が(セールスマンに見えるように)スーツを着ているように、学校に忍び込む泥棒は(先生に見えるように)ジャージー姿だったりするのだとか。
見るからに怪しい人物だけが危険ではない、ということを覚えておきましょう。家のすぐ近所何となく家が近いと安心してしまうものですが、自宅のすぐ近くだからといって、犯罪に合う可能性が小さくなるわけではありませんよね。男子も油断できない少し前は性犯罪の被害に遭うのは女の子だけと誰もが思っていましたが、男の子を狙った犯罪も少なくありません。

登下校の安全を守るためにしておきたいこと

登下校中の事件・事故から子どもを守るためにママ・パパができること

定期的に通学路をリサーチ土日の朝などに、お子さんと通学路を散歩して危険な場所がないかリサーチしましょう。お子さんの目線でどう見えるかの確認をしつつ、危険箇所を探しましょう。
何かの時にお子さんが駆け込める「こども110番の家」の場所もチェック。
また不審者情報や治安情報が地図上でわかる「ガッコム安全ナビ」なども見ておきましょう。近所の人と顔つなぎお子さんと一緒に出掛ける時、近所の人に出会ったらできるだけ積極的にあいさつをしましょう。お子さんが不審人物と一緒に歩いているところに、近所のおばさんが「あら、今日はどこへ行くの?」と声を掛けてくれて助かった、という例もあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.