子育て情報『登下校中の事件・事故から子どもを守るためにママ・パパができること』

2018年7月12日 00:01

登下校中の事件・事故から子どもを守るためにママ・パパができること

PTA活動にもできるだけ参加をなにかと批判も多いPTA活動ですが、登下校時の見守りなどは組織的にやったほうが効果的なのは確かです。できるだけ参加しましょう。
お子さんを見守る目は、多いほうがいいですよね。子ども本人の危機意識も大切大切なのが本人の意識。どう考えてもきびきび歩いている子より、ぼーっと歩いている子のほうが被害者になりやすいですね。
登下校中も、できるだけ単独行動は避けるのがベター。寄り道したり、止まっている車に近づいたりしない、知らない人には近づかない。防犯ブザーをあてにしすぎないこれはわが家の体験ですが、次女が小1の夏、防犯ブザーを鳴らし、泣きながら帰ってきたことがありました。
同級生とふざけていて鳴らしてしまい、止め方がわからなくて泣きながら帰ってきたのだとか。何もなくてよかったんですが、小学校1年生の女の子が防犯ブザーを鳴らしながら歩いていても、大人は誰も声を掛けなかった、という事実にがくぜんとしました。
(…うかつに声を掛けて不審者扱いされては困る、ということもあるでしょう。もしかしたら声を掛けずに黙って見守ってくれた人もいたかも知れませんが…)
防犯ブザーは一瞬、人の注意を集めます。何かの時にとっさに鳴らすことができれば注目を浴びて犯人をひるませ、逃げるすきを作ることはできるでしょう。
でも、防犯ブザーは助けを呼ぶ魔法のブザーではありません。持たせたからといって安心ではないんですね。

お子さんに「あなたを大切に思っている」と伝えるチャンス

安全対策を考える時、幼い子に人を疑うことを教えるなんて…と思ってしまいますが、万が一にも被害者になってしまっては大変です。
あまり怖がらせないよう、しかしきちんと自分の身を守る行動ができるようにしっかりと話し合いましょう。
お子さんと一緒に安全を考えるのは、「あなたの存在を大切に思っているんだよ」と愛情を伝えることでもあります。

(文・曽田照子

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.