子育て情報『仕事復帰する。そう決めただけで、こんなに気持ちが変わるなんて。 / 第3話 sideキリコ』

仕事復帰する。そう決めただけで、こんなに気持ちが変わるなんて。 / 第3話 sideキリコ

 

https://conobie.jp/article/11693
【前回のお話はこちら】

仕事復帰する。そう決めただけで、こんなに気持ちが変わるなんて。 / 第3話 sideキリコの画像

出典 : Upload By さいとう美如


第3話side キリコ

週末を岐阜で過ごし、また始まった川口での月曜日。

キリコ「あー、しんどい。体重い…」

一泊二日で義実家に泊まるとものすごい疲労感と、金曜日に残してた家事が私のやる気スイッチを完全にオフにしてしまう。

そんな事情などお構いなしに奏太はフルパワーで朝から遊びたがっている。

あぁ、録画しておいたアンパンマンを見ようか。次はどうする?戦隊もの?電車のDVD?

ひとまずテレビに奏太をお願いして、私は最低限の家事をこなした。

キリコ「…うおー、終わった」

奏太「終わったの?じゃ、公園いこ!みどりのボール持ってこ!」

キリコ「ちょちょちょちょ!お着替えしないと。それパジャマだよ?」

奏太「いいの!」

キリコ「良くないよ?てかさ、ちょっと休ませてよ…。ママ動けないよ…」

休みたい。一時間でいいからぼーっとしたい。

奏太「もう行くの!はやく!」

キリコ「そ…!」

思わず大きな声を出しそうになった時、ソファーの上にある私のスマホが鳴りだした。

なんだよ、なんだよ。今度は誰だよ。

仕事復帰する。そう決めただけで、こんなに気持ちが変わるなんて。 / 第3話 sideキリコの画像

出典 : Upload By さいとう美如

キリコ「………わ!」

――土曜の夜、私は義実家の布団の中から「来年の四月から仕事できます。仕事ください」というメールを2つの会社に送っていた。

1つはインターネット広告事業をしている「ヨリミチ日和」という会社。

夫と出会った料理教室に参加したのは、ここの会社で「料理系」の記事を書くことになって困っていたからで、私がもともと料理上手だったら奏太は生まれてないわけだから、欠点も時には役に立つもんである。

そしてもう1つは「RAIRA」。

フリーペーパーの制作会社で、こちらは結婚したあとにタウン誌の記事を数回書かせてもらい、今後も色々と依頼したいですと言われた矢先に妊娠が発覚。

つわりで記事など書けず、連絡が途絶えていた。そんなぐだぐだなライターのスマホが鳴っている。

液晶には「RAIRA」と表示されているではないか!

私はすっと立ち上がるとキッチンに隠してあったチョコを探した。

キリコ「奏ちゃん、ママ、大切な電話だから、これ食べて待ってて」

奏太「わぁ!チョコだぁ!やったぁ!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.