子育て情報『今週末は子どもと遊ぼう。そう思ってたんだよ、俺だって。 / 第6話 side満』

今週末は子どもと遊ぼう。そう思ってたんだよ、俺だって。 / 第6話 side満

https://conobie.jp/article/11788
【前回のお話はこちら】

今週末は子どもと遊ぼう。そう思ってたんだよ、俺だって。 / 第6話 side満の画像

出典 : Upload By さいとう美如


第6話side 満

はぁ、奏太に思い切り「パパきらい!」と言われてしまった。

いや、俺だってさ、興味のない新規事業をがんばってこなしてさ、やっと奏太と遊べる土曜になったって思ってたんだよ。キリの〆切も今日の夕方みたいだし、本当は俺だって家にいたかったんだよ。

それなのに休日出勤になったこの悲しさ、誰か分かってもらえますか?

心の中でぶつくさ言いながら会社に向かうと、会社のマンション前でアシスタント三人が立ち話をしていた。

満「…あー、ごめんね。待たせちゃったね」

俺は急いでオートロックを開けた。

「株式会社フリープラン」の表札が貼られた603号室のドアを開けると、中は温かかった。社長は出たばかりか?

満「北野たちのグループは?」

アシスタント「今、こっちに向かってるみたいです」

満「あー、そう。じゃあ…順番に話するから、呼ばれたら会議室に来て」

アシスタント「はい」

――面談をした三人のアシスタントたちは「今の仕事を続けたい」と言い、30分程度で帰って行った。

このままいけば午後イチくらいに終わって、奏太と遊ぶことが出来るかもしれない!

ずるい手だと分かっているけど、一緒におもちゃ屋さんにでも行って、「だいすきだよ、パパ!」と最高にカワイイ笑顔で言ってもらいたい…!じゃないと、俺、仕事がんばれない…。

…と、思っていたのに、北野グループがなかなか来い。

北野「遅くなってすみません!渋滞にはまっちゃって」

たまっていたマネージャー業務をしていたら北野たち3人のアシスタントが事務所に入って来た。

満「大変だったね。千葉の方に向かってたのに折り返しになっちゃって」

アシスタント「どう考えても強風で撮影が無理だって思ったんだけど、北野が先方に、現場の様子を見てきます、なんて言うから」

北野「だって、行ってみなきゃ分かんないだろ?今日には今日しか撮れない絵があるんだよ」

あー、そうそう。「千葉」「正義感」で思い出したけど、あのガーランドを忘れた撮影の時も北野は一直線な正義感を振りかざして、自己判断で布屋に行ってたんだよな。やる気があるのはいいけど、人に迷惑を掛け…。そんなことより今は「面談」。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.