子育て情報『「やっぱり母親」!?育児に関する夫婦間の“向き不向き”問題に物申す!(笑)』

「やっぱり母親」!?育児に関する夫婦間の“向き不向き”問題に物申す!(笑)

 

まいどおおきに!さとえみです。

前回の記事でご紹介したように、できる限り家にいてくれるようになった旦那ハーン。

家事はそこそこやってくれたのですが、私が産後にできるだけやって欲しいと思っていたのが、

「“放置”以外の方法で、ちゃんと子どもを見る」ということでした。


我が家も…

「やっぱり母親」!?育児に関する夫婦間の“向き不向き”問題に物申す!(笑)の画像

出典 : Upload By さとえみ

「やっぱり母親」!?育児に関する夫婦間の“向き不向き”問題に物申す!(笑)の画像

出典 : Upload By さとえみ

育児とは、どんなに志を高くしても、重労働には変わりないもの。

新生児の頃は特に、お世話をする妻も夫もだんだん疲れてきますし、「慣れ」とともに「飽き」もくることでしょう。

生後3ヶ月を過ぎたあたりから、赤子が“おっぱいのある方の保育者”を好み始め、それ以外の人を拒否するようになり…

それに便乗するかのように、旦那ハーンにも、やんわりとした育児への遠慮(あきらめ)が…。

「やっぱり母親」!?育児に関する夫婦間の“向き不向き”問題に物申す!(笑)の画像

出典 : Upload By さとえみ

「やっぱり母親」!?育児に関する夫婦間の“向き不向き”問題に物申す!(笑)の画像

出典 : Upload By さとえみ

そう…自他ともに認める“イクメン”な旦那ハーンでも、この言葉は出ました。

むしろ、イクメンだったからこそかもしれない。

「(母乳を出している)おっぱいには敵わないヤン」

「父親に出来ることは限られてるヤン」

「やっぱり育児は母親の方が向いているヤン」

一瞬納得しそうになる言葉たち。
でも…


“向き不向き”やあらへんで!

だが!しかしやで。
(さとうは感情が高ぶると大阪弁になります)

その頃の私といえば、眠くて仕方ないほどに疲れがたまっている時期。

赤子の体重も新生児の頃と比べて格段に重くなり、身体的な負担も相当でした。

「ずっと家にいるけど、子どもの相手をしないパートナー」を許容できるほど、精神力も体力もなく…

私が泣いたり切れたりすると、途端に話し合いができなくなるため、ここは理論的に話さざるをえませんでした。

「やっぱり母親」!?育児に関する夫婦間の“向き不向き”問題に物申す!(笑)の画像
出典 : Upload By さとえみ

「やっぱり母親」!?育児に関する夫婦間の“向き不向き”問題に物申す!(笑)の画像

出典 : Upload By さとえみ

もちろん世の中、“向き不向き”も、実際にあるのだろうとは思いますが…

他に頼れる人がいない身としては、

「自分と同じレベルに達しなくてもいいからやって欲しい」

「っていうかやらんかい!!やってたらそのうちなんとかなるやろおおおおおおお」

…ってなものでして。

そういうのをオブラートに包みまくって言ってもなかなか伝わらなかったので、この「1万時間の法則」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.