子育て情報『思春期の娘との悩みを、静かに打ち明けた/ 娘のトースト 5話』

思春期の娘との悩みを、静かに打ち明けた/ 娘のトースト 5話

口調をあらためて中村さんが言い、私はカップから口を離す。なんでもどうぞ、という気持ちだった。

「実は、僕にはパートナーがいまして。男性なんですけど」

「ん?」

間抜けな声を出しながら、私はコーヒーカップをソーサーに置いた。ガチャンという音が、周りに響いた。

思春期の娘との悩みを、静かに打ち明けた/ 娘のトースト 5話の画像

出典 : Upload By 狩野ワカ

バターで炒めたタマネギに小麦粉を入れ、温めた牛乳を少しずつ加える。ダマにならないように、ゆっくりとかきまぜる。

鍋の中の白をじっと見つめながら、さっきの喫茶店での会話を思い返す。

中村さんは少し緊張した顔でカミングアウトをすると、そのまま私に「お願い」について話をした。

なんでも、夏に身内で小さな結婚式を挙げる予定らしい。「もちろん、法律的な結婚ではないんですが」と、中村さんは説明した。

そして、私にその会場の装花をお願いしたいという。

「すみません、どさくさまぎれのお願いみたいになってしまって。驚かせちゃいましたよね」

「それは、まあ、すごくびっくりしたけど」頭を下げる中村さんに、私は正直に言った。

「でも、同性を好きになる人は左利きの人と同じくらいいるって、ネットにも書いてあったし」

私がそう言うと、中村さんは「ありがとうございます」と嬉しそうに笑った。


グラタンの焼き加減

思春期の娘との悩みを、静かに打ち明けた/ 娘のトースト 5話の画像

出典 : Upload By 狩野ワカ

実際、中村さんのカミングアウトに、私はそれほど衝撃を受けなかった。いや、まあ、すごく驚きはしたけれど、それはわずかな間しか続かなかった。

最初の驚きがしずまって、それから私が感じたのは「よかったなあ」という気持ちだった。仕事相手でもあり友人でもある中村さんに、大切な人がいてよかった。

それから、常連の山口さんの「会計士さんと再婚なんていいんじゃない?」なんていう言葉を真に受けて、その気になったりしなくて本当によかった、とも少し思った。できあがったホワイトソースに海老やマカロニを混ぜ、それをグラタン皿に盛ってチーズをのせる。

そろそろ、唯が帰ってくる。「友達の家で勉強してた。もうすぐ帰るね」と、さっきラインがあった。

オーブンからグラタンの焼く匂いが漂いはじめた頃、唯が帰ってきた。「ただいま」とリビングに入るなり、「いいにおーい」と鼻をクンクンとさせる。

「おかえり」と私が言う後ろで、オーブンが焼き上がりを知らせる。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.