子育て情報『「おなかすいたなあ…」と思った直後、2時間のスピード出産!<投稿コンテストNo.19>』

「おなかすいたなあ…」と思った直後、2時間のスピード出産!<投稿コンテストNo.19>

切迫流産から始まった妊婦生活・・・安定期と呼べる期間もなく、あと1週間で産休という時に今度は切迫早産で入院になり、点滴生活が始まりました。

幸い冬だったので、3週間お風呂ダメ生活もなんとか乗り越え、入院した日に生まれるかもといわれていたお腹の子は37週の生産期までもちこたえ、いったん退院。

1週間後、出血したため病院に行き、そのまま再入院となりました。

予定日は、4/9。

あと3日もてば学年1つ下になる!なんとかもつかな…?無理かな…?と言っていた年度末最終日の3/30…。

「おなかすいたなあ…」と思った直後、2時間のスピード出産!<投稿コンテストNo.19>の画像

出典 : Upload By コノビー記事投稿コンテスト

夜中にものすごい腰の痛みに襲われ、スマホアプリを使って時間感覚を調べるもなかなか10分切らない…。

こんなに痛いのにもしかして前駆陣痛ってやつか!?と睡魔と痛みとの闘いに夢でうなされ、そのまま朝に。

毎朝6時過ぎにモニターをつけていたので、なんかあれば看護師さんが言ってくれるだろうと思いましたが、何も言われなかったので、不定期にくる痛みもベッドの端をつかみながら一人耐え、「誰か腰をさすってほしいくらい痛いのにまだ前駆陣痛なんかな…というか本陣痛ってなんだ?そろそろおなかすいたな…。」

と思考回路もわけが分からなくなった7時半、朝ご飯到着。

さぁ食べようとした途端、また痛みに襲われ、そのまままさかの破水!

ナースコールするけど、なかなか看護師さんが来てくれず、何回も押してやっと来てくれたときには子宮口は7㎝あいた状態で、看護師さんが慌てて私をお産用の病院着に着替えさせてくれました。

私は朦朧とした中、母に電話し、旦那に連絡するよう伝えたところでそのまま分娩台へ…。

この日は、すでに陣痛組が2組いて、あと少しで分娩に入るかもというタイミングでまったくノーマークだった私が緊急で入ってきたため、看護師さんも先生もてんやわんやしている中の分娩でした。

もともとの体力のなさに加え、入院でさらに落ち、本人はもちろん看護師さんや先生もいきめるのか不安でしたが、いざ始まるとそんなの関係なしにいきみざるを得ず、酸素吸入されながら定期的に来るいきみのタイミングで死にそうな声を出しながら頑張りました。

その間、母が到着し、旦那も仕事場に着いた途端の電話でトンボ帰りし、分娩室へ来てくれましたが、立ち会い出産を希望していたにも関わらず、お腹の子の心音が弱くなってきたとのことでこのまま一気に出すと言われ、旦那も外で待つよう言われたみたいでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.