子育て情報『雪景色の季節に彩りを!福島の風習「だんごさし」で迎える小正月』

雪景色の季節に彩りを!福島の風習「だんごさし」で迎える小正月


福島の風習「だんごさし」

福島には小正月(1月14日)に、家族の無病息災、家内安全や五穀豊穣を願う「だんごさし」という風習があります。

雪景色で花のない季節に、少しでも彩りをもたせるという意味もあるそうです。

※やり方など地域差があります。


「だんごさし」のやり方

雪景色の季節に彩りを!福島の風習「だんごさし」で迎える小正月の画像

出典 : Upload By めぐっぺ

雪景色の季節に彩りを!福島の風習「だんごさし」で迎える小正月の画像

出典 : Upload By めぐっぺ

雪景色の季節に彩りを!福島の風習「だんごさし」で迎える小正月の画像

出典 : Upload By めぐっぺ

雪景色の季節に彩りを!福島の風習「だんごさし」で迎える小正月の画像

出典 : Upload By めぐっぺ


大人になった今、この風習に思うこと

雪景色の季節に彩りを!福島の風習「だんごさし」で迎える小正月の画像

出典 : Upload By めぐっぺ

今回、この記事を執筆するにあたり、この風習を改めて調べてみました。

すると福島県の近隣ではみられるものの、他の地域ではやっていないことが分かりました。

私も幼い頃は当たり前のようにやっていたこの風習ですが、大人になるに連れて遠ざかっていったように思います。

子どもを育てている今こそ、ふるさとの風習を教え、素朴な華やかさを愛でるのも良いかもしれないな…と思いました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.