子育て情報『おばあちゃん子の後悔。思春期に反発してしまった言葉が、今では育児の宝物に。』

おばあちゃん子の後悔。思春期に反発してしまった言葉が、今では育児の宝物に。


私を笑顔にしてくれた祖母

私が4歳の時、弟が生まれました。

親から言い聞かされていたこともあり、子どもながらに「お姉ちゃんとしてしっかりしなきゃ」と思っていました。

しかし、同時に「お父さんやお母さんをとられた」と心の中では寂しがっていた私。

そんな私の複雑な気持ちを察してくれたのが同居していた祖母でした。

お茶とお花の師範である祖母は、ひと言でいうと「凛とした女性」。

いつも背筋を伸ばして姿勢が良く、自分の意見をハッキリ持っていました。

自分にとても厳しい分、家族の生活態度や礼儀作法にも厳しい人でしたが、私にとっては「優しいおばあちゃん」でした。

父の仕事は忙しく、母は赤ん坊の世話にかかりきり。

私が一人ぼっちになりそうなときは、いつも公園に連れ出してくれました。

体調を崩した時の病院の付き添いは、いつも祖母。

みんなで遊びに出かけた時は、真っ先に私の手をつないでくれました。

また、祖母は私に、本を読む楽しみを教えてくれました。

バスで15分かかる市立図書館で本をたくさん借りてきてくれた祖母。

実家は高台にあり、バス停からも坂道が続きます。

その道中、たくさんの本を抱えて帰ってくるのは重くて大変だったと思います。

祖母は私のために、惜しみなく時間と労力を割いてくれました。

私と祖母は、いつも一緒。

昔の写真を見返すと、祖母と一緒の私はいつも笑顔でした。

おばあちゃん子の後悔。思春期に反発してしまった言葉が、今では育児の宝物に。の画像

出典 : Upload By あめの


思春期の私に祖母が言った言葉

やがて中学生にもなると、友人関係や外見を着飾ることが一番の関心事になりました。

女友達とおそろいの可愛い小物や洋服などに夢中になっていた私。

小学校までは本の虫でしたが、読書する時間も次第に減っていきました。

ちょうど反抗期も重なり、何かと注意をしてくる親と険悪な雰囲気になることもあり、家族との会話自体が減っていた頃。

たまたま祖母と2人きりになったタイミングで、こう言われました。

「 本を読んで勉強しなさい。自分の頭の中にある知識や経験は誰にも奪われないから。 」

おばあちゃん子の後悔。思春期に反発してしまった言葉が、今では育児の宝物に。の画像
出典 : Upload By あめの


祖母の言葉を受け入れられなかった自分

その頃の私は「わかった」と答えはしましたが、「もっと学校の勉強をしなさい」と言われた気がして反発を覚えました。

よくある友人同士のイザコザやテスト勉強。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.