子育て情報『「同じストローを使っていてショック」虫歯予防が崩れる瞬間』

「同じストローを使っていてショック」虫歯予防が崩れる瞬間


Q.スプーンをわけて虫歯予防!何歳まで実行できた?

「同じストローを使っていてショック」虫歯予防が崩れる瞬間の画像

出典 : Upload By コノビー編集部

※2019年6月17日〜18日(コノビー公式Twitterより)


3歳以上も継続している方が3割

回答を見ると、「3歳以降も継続中」と「2歳まで」が27%で同率トップでした。

しかし、「1歳まで」(24%)、「あまり気にしない」(22%)も20%台と、それぞれの回答に大きな差は見られませんでした。


予期せぬ口移しにショック!!

虫歯の原因となるミュータンス菌は唾液に含まれるので、口移しやお箸の共用は避けるのが賢明です。

とはいえ、どんなに気をつけていても、予期せぬアクシデントに見舞われてしまうケースも…。

とある親御さんは、そのときのことを次のように振り返っています。

「とても気をつけていたのに、私がストローで飲んでた飲み物を子どもが同じストローで飲んでしまったんです」

お気持ち、痛いほどわかります。

筆者もまったく同じ理由で、まさかの口移し状態になってしまいましたから。
息子が1歳半のときでした。

ただ、日本小児歯科学会によれば「養育者に虫歯がないか、治療を完了していれば移りにくい」とのこと。

親の歯磨きや口腔ケアも大切ということですね!

アンケートにお答えくださったみなさん、ありがとうございました!

(コノビー編集部:そのべ)

http://www.jspd.or.jp/contents/main/proposal/index03_03.html
日本小児歯科学会母乳とむし歯-現在の考え方

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.