子育て情報『夏の衣替えが一生終わらない気がする。面倒な理由を徹底的に細分化してみた結果。』

夏の衣替えが一生終わらない気がする。面倒な理由を徹底的に細分化してみた結果。

これを書いている6月下旬現在、我が家の衣替えはまだ終わっていない。

今年は5月から全国的に真夏日があったから、「夏服を出す」のはすでに終えている。

夏服を出すのはたのしい。

おもたい冬服から、さらりと軽い夏服へ変わるのは気分がいい。

長い冬を脱ぎ捨てるような心地がする。

問題は「冬服をしまう」。これだ。

我が家には子どもが3人いるので、衣替えの事情が少し込み入っている。

①長女の服を末っ子にあげるものと、捨てる(またはリサイクルする)ものに選別する。
②息子の服をいとこ(姉の子)にあげるもの……以下同じ。
③末っ子の服をいとこ(妹の子)にあげるものと……以下同じ。

そして、それらをしまったり、梱包したり、袋に入れたり、ああしてこうして……やることはたくさんあるのだ。

そもそも、夏服を用意した時点でタスクをやまほど乗り越えてきたのに(足りないものを買ったり、去年の服を洗ったり)、その先が長すぎる。

夏服を出したらいったん気が抜けるのが人間の性だ。

だってこれでとうぶん子どもたちは快適な服を着て暮らすことができる。

そう思った瞬間から冬服への思いがプツンと切れてしまう。

うずたかい冬服の山とそれらをさばく長い道のりを思ったらまあ、見ないふりを決めてしまう。

仕方がない。そういうものなのだ。

夏の衣替えが一生終わらない気がする。面倒な理由を徹底的に細分化してみた結果。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

部屋の隅に積み上げられた冬服の山に子どもたちはなぜか登る。

そして、山を崩す。

そして、そして、「ねー!!!この服!!どうするの?!!」と言うが早いかなぜか着ている。

こら、やめなさい!脱いで!!と追いかけたところで脱ぎやしないし、汗をかきながらも今日はこれ、と決め込んですましていたりもする。

ああ、もう、なんて面倒くさいのか、と思うのだけど、なんせ日々のルーチン家事は追いかけてくる。

冬服のお山をちらと見ても、また明日頑張るね、と囁いてさて、いったい何日がたったのだろう。

早く片付けなくちゃ。ねぇ。

ここまで読んで、「この人はとんだ面倒臭がりだな」とお気づきいただけたと思うのだけど、お気づきついでにもう少しお付き合いいただきたい。

夏の衣替えが一生終わらない気がする。面倒な理由を徹底的に細分化してみた結果。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

衣替えの陸続きに、忘れてはならないのが、「クリーニング」である。

これが面倒くさくて仕方がない。

家族5人分のコートやジャンパー、ウールのマフラーなどなど、それらをまとめると、とんでもない量になる。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.