子育て情報『預けて平気かな…。はじめてのベビーシッターで感じた気持ち』

預けて平気かな…。はじめてのベビーシッターで感じた気持ち


Q.はじめてのベビーシッター利用、心理的なハードルは?

預けて平気かな…。はじめてのベビーシッターで感じた気持ちの画像

出典 : Upload By コノビー編集部

※2019年6月26日〜27日(コノビー公式Twitterより)


9割が「シッター利用に抵抗あった」

回答のトップは「かなりあった」(54%)で、「すこしあった」(40%)が続きました。
94%が「ベビーシッターの利用に抵抗があった」と答えています。


シッターさんがヒーローのように見えた

心理的なハードルが「まったくなかった」と答えた人は、わずかに6%。

日本では「育児は家庭でするもの」との考えが強いためか、他人に自分の子どものお世話を任せることに違和感や罪悪感を抱く人が多いのかもしれませんね。

実は筆者もそう感じていたひとり。

でも息子が生後2ヶ月のとき、シッターさんを使ってみてその考えがガラッと変わりました。

寝かしつけもミルクの与え方も筆者夫婦よりもずっと上手で、息子はいつもよりすんなりと寝付いていました。

当時、慣れない育児で戸惑っていただけに、シッターさんは頼もしいヒーローのように思えましたよ。

子育てを親だけで頑張っていると、どうしても余裕がなくなってしまうもの。

そんなとき、親が子育てを休めてリフレッシュできれば、心にゆとりをもって子どもに向き合えます。

子どもからしても、両親以外に愛情を向けてくれる大人がいるって、幸せではないかと感じました。

アンケートにご協力くださったみなさん、ありがとうございました!

(コノビー編集部:そのべ)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.