子育て情報『なかなか子どもを授からない…。義父の広い心が、ツライ気持ちを救ってくれた。』

なかなか子どもを授からない…。義父の広い心が、ツライ気持ちを救ってくれた。

こんにちは!

2歳と1歳の年子育児中、在宅ワーカーのあめのです。

世間は帰省シーズンですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

我が家は義理両親の近くに住んでいるので特に遠出はせず、親戚の集まりに顔を出すくらいです。

私たち夫婦は結婚して7年。

今では私も義理の実家宅で、とてもリラックスして過ごせるようになりました。

そうはいっても、実家と同じくらいにに絶対的な安心感を持てるようになったのは、結婚後、何年も経ってから。

そのきっかけとなったエピソードについてお話しします。

なかなか子どもを授からない…。義父の広い心が、ツライ気持ちを救ってくれた。の画像

出典 : Upload By あめの


初めて会った時から優しかった義両親

夫は怒ったところを見たことがないくらい穏やかな人。
(そのおかげで我が家の家庭円満は保たれています)

そんな夫の両親は本当に優しく、おおらかな人たち。

口数が少なくポーカーフェイスなものの、笑った顔が優しい義父。

逆に義母はすごくおしゃべりで、天然なところもある可愛い人。

初めて義理実家へ挨拶に行った日のこと。

「少しでも良く思われたい!」という思いで頭がいっぱいだった私は、ガチガチに緊張していました。

義母は、そんな私に「あまり気を遣わないでいいのよ、ゆっくりしてね」と笑顔で話しかけてくれました。

気難しそうに見えた義父も、気さくに色々な話題をふってくれて、会話も弾みました。

遊びにいくと、いつも和やかな雰囲気で、いつの間にか私もリラックスして過ごすことができるようになっていました。

特に義母は実の娘のようにかわいがってくれて、子どもが生まれる前は義理実家に遊びに行き、何時間もお喋りをしたり。

夫と義父抜きでランチやショッピングに行ったり。

義理実家にいる時間は夫よりも長いほど。

親戚の方々も私を家族の一員として快く受け入れてくださり、仲良くしてもらっていました。

しかし、結婚してしばらく経つと、親戚の集まりのたびに「お子さんはまだ?」と言われるように。

あいさつ代わりなのでしょうが、あまり何度も繰り返されると言われる側はそうもいきません…。

気付けば、私は親族の集まりのたびに精神的な負担を感じるようになっていました。
なかなか子どもを授からない…。義父の広い心が、ツライ気持ちを救ってくれた。の画像

出典 : Upload By あめの


跡継ぎへの期待にプレッシャーを感じる日々

夫は、長男の長男。

結婚してすぐ、義理の祖父母からは「跡継ぎが楽しみだ!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.