子育て情報『「ブンバ・ボーン!」はわが子のような存在。よしお兄さん14年間の撮影秘話』

「ブンバ・ボーン!」はわが子のような存在。よしお兄さん14年間の撮影秘話


まさか自分が“おにいさん”になるなんて……

── 任期14年間は最長記録だそうですね。

気づいたら14年経っていて、20代から30代をほぼお兄さんとして過ごしていたんですよね。
体操の経験がこんなに長く生かせるとは思っていませんでした。

自分の意向だけでは続けられませんから、長く続けさせてもらったことは本当に光栄に思っています。

「ブンバ・ボーン!」はわが子のような存在。よしお兄さん14年間の撮影秘話の画像

出典 : Upload By Conobieスペシャルインタビュー

── “たいそうのおにいさん”になったきっかけは何だったのでしょうか?

私が日本体育大学を卒業して研究室に残っているとき、ちょうどNHKから大学へ、新しい“たいそうのおにいさん”の選抜オーディションの声がかかりました。

そのとき私は、オーディションに参加する学生を引率する役回りでしたが、先生が「興味があるなら一緒に受けてくれば」と言ってくださったので、リサーチのつもりでオーディションを受けてみることに。

そうしたら1次、2次と順調に進み、結果的に連れて行った学生を差し置いて私が受かってしまったという経緯です。

── 自分が“たいそうのおにいさん”になるとは想像していなかったのでは?

まったく考えたこともなかったです。

研究室に残れるのは3年間で、その後は勉強して地方公務員になろうと思っていましたからね。

就職後は定時に仕事を終わらせて、その後、体育館などを借りて子どもや高齢者に体操を教えられたらと考えていたくらいで。

ライフワークのつもりで体操とは生涯関わっていきたいと思っていたので、この仕事が決まったときには迷いなくお引き受けしました。

「ブンバ・ボーン!」はわが子のような存在。よしお兄さん14年間の撮影秘話の画像

出典 : Upload By Conobieスペシャルインタビュー

「ブンバ・ボーン!」はわが子のような存在。よしお兄さん14年間の撮影秘話の画像

出典 : Upload By Conobieスペシャルインタビュー


カメラを止めてはいけない緊張感

── 番組では大変なこともたくさんあったんでしょうね。

いろいろありました。

「おかあさんといっしょ」の収録は、子どもの集中力がつづく範囲で、収録というより遊んでいるような自然な流れで進めます。以前は放送時間と同じ長さの25分間で生放送のように収録していたこともありましたが、今は子どもたちが出演する部分だけまとめて収録しています。
それでも流れを止めると子どものテンションが下がってしまうので、ちょっとしたトラブルやミスがあっても収録を続けるのが基本。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.